1月13日は「お父さんの日」!お父さんに起こった悲劇から防犯を学ぼう

  1. 防犯対策

父の日を知っていても「お父さんの日」を知っている人は少ないのではないでしょうか。

そんなお父さんにとって嬉しい日にも悲劇が起きています。「お父さんの日」に起きた事件から防犯を学びましょう。

 

スポンサードサーチ

1.「お父さんの日」を知っていましたか?

父の日は6月の第3日曜日だということは知られていますが、

「お父さんの日」があることを知っている人は少ないのではないでしょうか。これを機会に覚えておいてくださいね。

「お父さんの日」は乳酸菌飲料でおなじみの株式会社ヤクルト本社が毎月13日を記念日に制定しました。

毎日家族のために働いているお父さんに感謝の気持ちを表し、お父さんを健康にしたいとの願いが込められています。

13日が選ばれたのは、とう(10)さん(3)の語呂合わせからだそうです。

1月13日には他にもピース記念日、初虚空蔵、咸臨丸出航記念日、一汁三菜の日、王様の食パンの日、石井スポーツグループ 登山の日、VSOP運動の日が記念日として登録されています。

 

2.お父さんの健康を願い感謝する日に事件が!

お父さんの健康を願い感謝する「お父さんの日」に、お父さんを襲った悲劇が始まりました。

長野県と愛知県にまたがって、お父さんが犠牲になる連続強盗殺人事件が発生したのです。この事件から、同じような悲劇が起きないように防犯を学びましょう。

 

スポンサードサーチ

3.長野・愛知4連続強盗殺人事件

2004年1月13日に全国を震撼させた連続強盗殺人事件が起こりました。

その日は奇しくもお父さんに感謝すべき「お父さんの日」だったのです。

 

①長野・愛知4連続強盗殺人事件の概要

失業中の男(当時29歳)は職を探すために名古屋市を訪れましたが失敗し、

所持金もなくなりタクシー強盗を計画しました。隣町の春日井市でタクシー運転手(当時59歳)を殺害し売上金を奪い逃走したのです。

その日は「お父さんの日」の1月13日です。自分のお父さんと同年代のタクシー運転手を殺害したのです。この日が連続強盗殺人事件の始まりだったのです。

その後、男はふるさとである長野県飯田市に戻り、4月26日に高齢女性{当時77歳)を

殺害し現金を奪いました。

さらに、8月14日には隣町の高森町の高齢男性(当時69歳)を刺殺し現金を奪いました。

そして、9月7日には同じ高森町の高齢女性(74歳)を刺殺し現金を奪ったものです。

 

②逮捕と裁判

男はさらに犯行を重ねようと、9月13日に元同僚の会社員宅に侵入したところ警報装置が作動し、駆けつけた捜査員によって逮捕されました。

長野地裁は検察の求刑どおりに死刑の判決を言い渡しました。これに対して弁護人は東京高裁に即日控訴しました。

東京高裁の控訴審で、春日井市のタクシー強盗の前に福島での殺人を供述しましたが、

被害者や殺害場所も特定できず捜査は打ち切られました。供述どおりだとすると第5の殺人事件が起こっていたことになります。

控訴審中に、男は自ら控訴を取り下げ死刑が確定し2009年1月29日に死刑が執行されました。

 

③事件の背景

最初のタクシー強盗はお金に困った行きずりの犯行ですが、長野に戻ってからの犯行には町から配布されている有線放送の電話番号簿が使われていました。

その電話番号簿には、使い勝手を考えて世帯主のほかに同居する家族構成が書かれていました。

現在ほど個人情報に対する防犯意識がなかった時代です。

電話番号簿から独居の高齢者を狙って犯行に及んだのです。

 

4.侵入強盗事件の現状

住宅侵入強盗事件の認知件数は平成17年以降減少し、平成29年には147件でピーク時の約6%まで減少しています。

それでも約2.5日に1件の割合で住宅への侵入強盗が発生しています。

 

出典:警察庁「住まいる110番」

 

スポンサードサーチ

5.長野・愛知4連続強盗殺人事件から学ぶ防犯対策

長野・愛知4連続強盗殺人事件の背景には、有線放送の電話番号簿が使われていました。

現在では、このように詳細な家族構成が書かれた電話番号簿はありませんが、個人情報が漏れて利用されることが懸念されます。

インターネットが普及して個人情報がどのように拡散しているかは判断のしようがありませんが、少なくとも自分の手から個人情報を漏らさないことだけは注意しておくことが大切です。

個人情報を悪用されないために、抑えておきたいことをご紹介します。

 

①ゴミは個人情報の宝庫

SNSの個人情報の管理には注意していても、生活ゴミには用心をしていない人は多いのではないでしょうか。生活ゴミは個人情報の宝庫なんです。

ゴミの中には郵便物や宅配の伝票などが含まれます。

それらから家族構成が読み取られることもあります。電話番号は留守を確認するのに利用されます。

買い物のレシートには時刻が印字されています。生活パターンが漏れて留守宅が狙われるかも知れません。

極端と思うかも知れませんが、文字や数字が書かれているものはシュレッダーで細断することをおすすめします。

念のためにゴミ出しは収集時刻に合わせるのが良いでしょう、収集車に直接渡すのがベストです。

 

②郵便物はこまめに取り込む

郵便物がいっぱいになって郵便受けからはみ出していることはありませんか?

はみ出した郵便物は抜き取られて個人情報を盗まれることがあります。元に戻しておけば見られたことに気づかれせん。

また、郵便物が溜まっているのをそのままにしておくと、だらしないと思われ狙われやすい家になってしまいます。

郵便物はこまめに取り込んで、几帳面な家だと思わせましょう。

そんな家は防犯対策もしっかりとしてあると判断されるんです。

 

③日常の会話にも個人情報が含まれる

地域のコミュニケーションを高める井戸端会議は防犯対策としても有効なことですが、何気ない会話の中にも個人情報が含まれていることには気づいていないことがあります。

「◯◯さんは旅行に出かけている」「〇〇さんは一人暮らし」「〇〇さんは共稼ぎ」「〇〇さんはいつも帰りが遅い」など、普段の主婦の会話です。

侵入のために下見をしている不審者は、そんな会話を侵入の参考にしているかも知れません。

 

④SNSの利用は慎重に

webサイトを閲覧する際には、使っているブラウザやOSの種類などを相手に送信しているのです。

IPアドレスやドメイン名、検索サイトのキーワードなども解析されていることがあります。

また、FacebookやTwitterなどの広告欄に出ている占いやプレゼントなどのサイトには、取得した個人データを転売している組織があることも承知しておきましょう。

ショッピングや懸賞サイトでの会員登録は慎重にしましょう。

画面に出ている「セキュリティポリシー」の確認はしておくのが良いでしょう。

また、よくわからない、面倒だと言う人におすすめなのが、URLの最初が「https」とhttpの後に「s」の付いているサイトだけをアクセスすることです。

通信が暗号化されていて安全なサイトです。

 

6.住宅は防犯対策で守る

強盗被害に遭わないためには、住んでいる住宅にも防犯対策をしておくことが大切です。

防犯カメラや防犯砂利、センサーライトなども有効ですが、できれば大きな音を出すセンサーアラームがおすすめです。

侵入の際の大きな音で侵入者が逃げ出すことが多いですよ。

また、防犯対策はグッズだけでなく気持ちにも対策をすることをお忘れなく!ドアを開ける時には、しっかりと相手を確かめてからにしてください。

不用意にドアを開けるのは危険な行為です。

 

スポンサードサーチ

7.まとめ

「お父さんの日」に起きた長野・愛知4連続強盗殺人事件を参考に個人情報の管理をご紹介しました。

個人情報が連続強盗殺人に使われることもあります。

今や情報がお金に変えられる時代です。どこであなたの情報が漏れて拡散しているかわかりません。

お金と同じ価値のある個人情報は自分で守る必要があります。

ネット社会といえど安易に会員登録等で、個人情報を書き込まないようにしましょう。少しでも怪しいと感じたら登録を中止することです。

自分だけは大丈夫!という自信は捨てて、常に防犯意識を高くしておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。