ドア防犯意識は万全? 空き巣は堂々と玄関から 一人暮らしが狙われている

出来るだけ堂々とは侵入したくない空き巣心理があり窓が狙われると考える人たちが多いですが、玄関は盲点となっていないでしょうか。

空き巣は堂々玄関からも侵入する可能性があります。4階以上の建物の場合では50%は、犯人はむしろ窓よりも玄関からです。

玄関の侵入の方法を知り、 対策についても考えてみましょう。

1.玄関ドアの鍵がかかっていない

空き巣があの手この手を使って侵入するのかと思いきや、一戸建てに住んでいる方々は、

4割程度の人たちがドアまたは窓が無施錠であり、犯人はそこから侵入しています。

玄関ドアの防犯対策としてまず考えていかなければならないのは、施錠に対して徹底意識を持つことです。自分だけでなく、家族全員が徹底するよう呼びかけをしてください。

ちょっと近くまでゴミ捨てに行くだけなのに、その瞬間が空き巣に狙われることもあります。犯人はあなたの行動パターンをしっかりリサーチして行動に及びます。

家にいる時にはチェーンロックまでしっかりかける姿勢を持つようにしましょう。

 

2.ドアの隙間をこじ開けられる

古いお宅では、ドアとドア枠のあいだに若干の隙間があることがあります。錠前のカンヌキが見えてしまっていることもあり、このようなお宅では、空き巣はバールなど使用して簡単にこじ開けることができます。

そのようなお宅では、ドアに鍵をかけても全く防犯をしたことにはならないので、防犯プレートで隙間を隠すなど対策について考える必要があります。

補助錠をつけて二重のガードにすれば、空き巣は侵入するのに時間がかかると判断して、この家に侵入するのはやめよういう決断に至るかもしれません。

古い木造アパートなど、ドアに対してなかなか完全な防犯対策は出来ないですが、それでも対策をする意識があれば明るい兆しはもたらされることでしょう。

 

3.ピッキング

ピッキング・Lock pickingとは、特殊な工具を使用しドアの鍵を開けて侵入する方法のことです。

古いタイプの鍵は、一般的に鍵にギザギザがついているもの(ディスクシリンダー)です。ピッキング・Lock pickingの的となっているのは、ディスクシリンダーと言っていいでしょう。

ピッキングされないためには、ピッキングに強い鍵に替えるのがいいでしょう。比較的ピッキングに強い鍵は、ディンプルシリンダーを使っているものであり、 鍵の表面に複雑なくぼみのあるタイプです。

 

【マグネットシリンダー錠】というのも充分、ピッキング対策に有効的です。マグネットシリンダー錠は、 磁石の反発や吸引を利用するメカニズムですが、長期間使用していることで磁力が低下してしまう欠点があるので、定期的なメンテも必要になって来ます。

さらに【ピッキングアラーム】を使用することで、犯罪を周囲の人たちにいち早く知らせることができます。犯人はリスクを最小限にいつも留めていたい気持ちがあるので、侵入せず逃げて行くでしょう。 ピッキングアラームは、金属に反応して警報を鳴らす仕組みです。

 

4.DIYで出来ること

多くの人たちがドアの防犯意識を持っているのかもしれません。しかし、お金がかかってしまうから思っているだけでなかなか行動に出ないという人たちもいます。やはり防犯対策に10万円近くもお金がかかってしまうのならしないで済まそうという気持ちも起きてしまうでしょう。

もちろん10万円でもドアの防犯対策はしっかりするべきですが、リーズナブルにDIYで出来る対策について考えてみましょう。

ホームセンターでも充分ピッキング・Lock picking対策が出来るアイテムが販売されています。

 

【防犯強化ロック ドア用 モヒトツロック】は、ディンプルシリンダーがピッキング犯罪からお家を守ってくれます。価格¥2,980(税込)

【ドアロックガード ダイヤル式 ブラック】はドア用補助錠 です。お家にいるときには、この程度のものでもつけることでかなり安心感はもたらされるでしょう。 価格¥1,980(税込)

 

5.サムターン回し

最近の傾向として空き巣はピッキングするものという認識が大きいですが、あまり名前を聞くことがないサムターン回しの率も非常に増えています。

ピッキングの防犯対策はしているけど、サムターン回しの対策は何もしていないという人たちが多いのではないでしょうか。

ドアを開けるとき外からは鍵をかけますが、内側はツマミを回して鍵をかけます。このツマミ部分をサムターンと言います。

犯人はピッキングという方法ではなく、特殊な工具を使用して内側のサムターンを回してロックを解除します。

ドリルで穴をあけ特殊な工具で回したり、ドアの隙間から特殊な工具を入れたり、ドアスコープから特殊な工具を入れて犯行に及ぶこともあります。

さらに郵便受けから手を伸ばしての犯行も起きています。

 

サムターン回しの対策として、 【ノムラテック カギ付サムターンガード】などの商品が販売されているので、そのようなものを購入して取り付けましょう。

価格は¥ 378です。荒技として焼き破るケースもあるので太刀打ち出来ないこともありますが、それでも犯人に侵入の手間をかけさせることができます。

他には「鍵付きサムターン補助錠」を付けるという選択肢もあります。補助の鍵をつければサムターン回しを無効にすることができます。 サムターンではなく、内側も鍵を使用すれば開かないようにすることも出来ます。

6.玄関に防犯カメラを設置

更にみなさんで出来るドア防犯対策について考えてみましょう。ドアから空き巣に侵入されないためには、「防犯カメラ」を設置したり、「センサーライト」の設置もかなりいい効果を期待することができます。

「防犯砂利」を敷くというのも方法です。そのようなものがあれば、犯人は侵入しようという意欲を消してしまうでしょう。防犯砂利だけでも意外と大きな効果を期待出来ますよ。

犯人はリスクを最小限に留めたいと思っているのです。「防犯砂利があるお家より防犯砂利のないお家に侵入すればいい」と考えるでしょうし、防犯砂利という防犯対策をしているから、さらに「この家にはいろいろな防犯の仕掛けがあり入りづらい家だ」ということを予測するでしょう。

そう思われれば空き巣に侵入されることはないでしょう。

防犯カメラも大きな効果は期待出来るかもしれませんが、一方で私達はそれらの存在にあまりにも大きな期待をよせない方がいいですね。逆に言えば100%の防犯対策など存在せず、防犯カメラを玄関ドアの前に設置すれば、それは犯人たちに玄関ドアでなく窓から侵入しなさいと方法を教えてしまっていることになるかもしれません。

7.一人暮らしの防犯対策

一人暮らしの人たちは空き巣ともしも鉢合わせになって襲われてしまってもすぐに助けてくれる人がいません。 我が身は自分で守るという意識が必要なのではないでしょうか。

【ELPA リモコン式ドアアラーム ARA-02】

(価格:¥ 9,550)は、 空き巣がドアを開けば大音量の警報音で不法侵入者を威嚇し、退散させることができます。 こんなアイテムを購入すれば大きな安心感がもたらされるのではないでしょうか。

【防犯ステッカー】(価格:¥ 1,000)は、 窓、扉、壁面などに貼るだけで防犯効果をアップさせることができるお手軽アイテムです。「防犯カメラ設置」、「警戒システム作動中」というシールを玄関の前に貼るだけです。

【ELPA 屋外用LEDセンサーライト】

(価格:¥ 2,873)は、LEDを使用したコンパクトセンサーライトです。屋外に設置OK雨のかかる屋外にも設置できる防雨構造です。玄関、勝手口、門扉、室内照明、バルコニー様々な場所に設置できます。

覗き穴を壊して針金を入れたりして内側のつまみが回されるのを防止するためには、 【サムターンガード】を取り付けることも考えるべきではないでしょうか。

9.まとめ

いかがでしょうか。一人暮らしの女性の方々もドアの防犯対策についてひと工夫するモチベーションによって安心感がもたらされるのではないでしょうか。

必ず帰宅したらすぐにドアを閉めて鍵をかけましょう。アームロックやチェーンも必ずかる、そこからまた新しい防犯対策のアイデアも浮かんで来たりするのではないでしょうか。これをすれば安心という気持ちにもリスクがあります。まずは、出来ることから取り組んでみましょう。

さらに玄関を開ける時には周囲に誰もいないかしっかりチェックすることも大事です。空き巣は解錠するのに5分以上かかってしまうと50%以上はあきらめると言います。

日常生活に安心感をもたらすためにも「サムターン回し対策」や「常時施錠」を徹底し侵入されにくい玄関を意識してください。

 

執筆者:Moly編集部