海外旅行! ショルダーバッグにどのような防犯意識が必要? こんな些細な心構えがリスクを最小限に留めてくれる

海外にいるときには国内以上防犯の意識が大事です。ショルダーバッグにはどのような対策が取れているでしょうか。

ハワイへ出掛けようとする人たちのためにガイドブックには、ショルダーバッグはたすきがけがいいと書かれてあることがあります。

ショルダーバッグに対しての対策は果たしてそれで万全でしょうか。

更にあらゆる面でのショルダーバッグのセキュリティーについて考えてみましょう。

海外旅行での防犯意識

ショルダーバッグのたすきがけは、もう少し踏み込んだ目で見れば危険度が高いと指摘する人たちも多くいます。

なぜならたすきがけをしているのは日本人だけであり、そうすることでそこには逆に大事なものが入っていると思われよけいに犯人に盗まれてしまうリスクを高めてしまうことになるからです。

さらに本当に犯人に狙われてしまったとき、たすきがけをしていたら転んで怪我をしてしまうリスクを高めてしまうだけです。

どうせ犯人はものを取る時には刃物など使うので、たすきがけをしてもそれほど大きな意味がないと指摘する人たちもいます。

いままで正しいと言われていたことに対しても疑問を投げかけるときなのかもしれません。それが、万全な防犯対策ともいうことができるのではないでしょうか。

実際に、ワイキキのカラカウア通りあたりを見回して見ればわかることですが、それぞれの人たちがそれぞれのスタイルでバッグを持っています。その中には日本人でなくてもたすきがけをしている観光客を見かけることがあります。

ハンドバッグを腕にかけて歩いている人もいますが、やはりそれではセキュリティーのことを全然考えていないという感じはありますね。

ここで言えることは、ショルダーバッグのたすきがけは防犯対策として間違いではないにしても、ショルダーバッグをたすきがけにしていれば安全だとマニュアルをそのまま信じ込んでしまうことにリスクがあります。

そのような人たちは、たすきがけにしているから大金を持ち歩いてしまったりするので、何事にも完全な安全性はないという考えに依存しいつも用心する姿勢が正しいのではないでしょうか。もし、被害を受けたとしても、事態は最小限に留めることができる方法をいつも考えておく必要があります。

 

①パスポートはコピーを持ち歩く

海外旅行へ出掛けたときには、 ショルダーバッグの防犯意識とともに、いろいろなことを考える必要があります。

パスポートに対してもショルダーバッグの中に入れて持ち歩かないほうがいいでしょう。

 

パスポートの場合は、いつもコピーのほうを持ち歩くようにしましょう。

本物のパスポートは、ホテルの セーフティーボックスに預けておくといいです。

時としてパスポートの提示をしなければならないことがありますが、そのような場合も基本コピーを見せれば問題はありません。

よくガイドブックには、パスポートのコピーを準備するという記載があります。

この記載を、パスポート本体をなくしてしまったときのために、コピーが役立つと解釈してしまう人たちがいますが、そうではなく持ち歩くのはコピーの方です。

 

②大金は持たない

ショルダーバッグの中に大金が入っていれば狙われて当然と考えてください。

お金は、せいぜい$30~$40程度で、あとはクレジットカードを積極的に使用するようにしましょう。

防犯性について考えると、ホテルのセーフティーボックスに預けて本当に安心なのかという気持ちも出てきてしまうのですが、グレードの低いホテルでもほとんどセーフティーボックスでの盗難事故はそれほど起きている訳ではありません。

 

③保険に入っている

犯人は、いつでもショルダーバッグを狙っているでしょう。

そこで万全対策は、海外旅行保険に加入することです。

海外へ行って、いろいろな景色をスマートフォンで撮影をしていたりすれば、犯人はそのスマホにも目をつけています。万が一のことを考えて携帯しているものは全部最悪保険で守るという意識を持つようにしましょう。

ただし、海外旅行の盗難の補償額は、 10万円までの上限であることが多いです。さらに、レンタカーにショルダーバッグなど置いてあったものが、車上荒らしにあってしまった場合は保険対象外です。

このような内容もあるのではいる保険の内容もしっかり確認するようにしてください。

日本とは治安が違う

海外旅行へ出掛ける方々が、一番に考えておかなければならないのは、財布・パスポートをスリ被害から守る防犯意識です。 実際に海外へ行かれて多くの人たちがスリの被害を体験していることでしょう。

日本では、地下鉄に乗っているときにほとんどショルダーバッグがスリ被害にあうかもと思っている人たちはいないでしょう。

しかし、海外では、あらゆる場所でスリの事件が起きています。 見かけは普通のオバサンなのでそれほど防犯意識も持っていなかったのですが、それほど混雑もしてないのに段々と前に回り込んで来たりして、犯人は真っ昼間に堂々とスリ行為を働いたりします。

ごくごく普通のオバサンは、両腕を組み、その上に上着をのせるような感じでターゲットに近付いて来ます。そして、チャックの開いているショルダーバッグにふわっと上着がかかるようにし、ショルダーバッグの中に手を入れて物色をしはじめました。

 

これは、バルセロナでの体験談です。旅行者はそのとき犯人に気付き大声で叫んだのですが、オバサンの態度は焦って逃げるというのではなく、「ちょっと偶然触っただけよ」とあっけらかんとしていたりします。

海外でスリ行為が横行しているとはこんな感じのことかもしれないですよね。スリは、日常生活に溶け込んで、周囲の人たちも、こんな光景あって当たり前という感じで見ていたりします。

この観光者はスリ被害には結果あわなかったのですが、自分でショルダーバッグをしっかり守る意識を持っていたから救われたと言っていいでしょう。大事なのは、この気持ちのことです。

海外旅行で財布をすられてしまえば、100%出てくることは期待出来ないでしょう。 気分も落ち込んでしまい、全然旅行気分もなくなってしまうでしょう。

更にここでのショルダーバッグの防犯として、ショルダーバッグのチャックは必ず閉じておく、鎖つきの財布を購入するなどの方法があります。

 

防犯性万全なショルダーバッグ

どのようなショルダーバッグを持つかということも、防犯上大事なことです。特に海外旅行へ出掛ける方々が、どのような機能性を持っているショルダーバッグに目を向ければいいのでしょうか。

 

①ビサイユのA4ノート収納ショルダーバッグ

まずみなさんにおすすめしたい防犯性のあるショルダーバッグは、ビサイユのA4ノート収納ショルダーバッグです。 

ビサイユのA4ノート収納ショルダーバッグは、中を開けると、ポケットが一杯あります。大事なものを、いろいろポケットに小分けししまうことができますよね。ポケットが多いショルダーバッグも、防犯性のあるバッグと考えていいでしょう。

 

かつ、ビサイユのA4ノート収納ショルダーバッグは、すぐにものを取り出すことができる点がおすすめです。取り出しやすいから、ショルダーバッグを開けっ放しにしている時間も最小限に留めることができます。

さらにビサイユのA4ノート収納ショルダーバッグは、スキミング防止機能のあるファスナーポケットがついています。

背面には、隠しファスナーポケットもあって、大事なものはそこに入れておくといいでしょう。

 

②吉田カバン ポータルフォーカスショルダーバッグ

次におすすめは、吉田カバン ポータルフォーカスショルダーバッグです。 

吉田カバン ポータルフォーカスショルダーバッグは、とてもシンプルで防犯性はあまり考えられていないという感じがあります。しかし中身は全然違い、中にはたくさんポケットがあります。

ポケットが3、ペンホルダーが1、吊りファスナーポケットが1、 細かいポケットが一杯あれば、なかなか大事なものにまでスリの手が行き届かないでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

とにかく日本人の方々はショルダーバッグに対しての防犯意識をあまりにも持たな過ぎの傾向があります。

国内ではまだいいのかもしれないですが、しっかり海外では、このような防犯対策について考えてみましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 【確認】GWはすぐそこ! トラブルや犯罪に巻き込まれずに楽しむ準備は万端ですか!?

  2. 4月3日はインゲンの日!由来は中国?中国旅行のすすめと防犯対策

  3. パワハラ・セクハラ集中相談 福岡県内4ヵ所で実施

  4. 防犯情報と相談サービスを利用できる地域の施設を知っておこう

  5. 【見極め力】街頭募金や街頭アンケートは危険?協力時に必要な見極め力とは?

  6. 【人気急上昇中】ベトナムのビーチリゾートとして注目の“ダナン”の観光スポットと治安情報とは

  7. 【徹底解剖】痴漢はどこで起きている!?路上・施設内・電車内など場所別痴漢発生場所

  8. 【横綱級のキモさ】夜道に出現するつばくれおじさん。その目的は?

  9. 【おさらい】防犯カメラの選び方のポイントや設置するときの注意点とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Moly.jp公式メルマガ

↓ Moly.jp公式メルマガです ↓

【防犯ジャーナリスト河合成樹】が最新の人気記事の独自紹介や裏話、お得な防犯グッズのご紹介や緊急防犯対策などを配信します。ぜひ、読者登録をお願いします

※メルマガにご登録していただいた情報は非公開の上、厳重に管理します。詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP