窓のカギを防犯仕様にして泥棒を追い払おう

  1. 防犯対策

泥棒の侵入経路において上位を占める窓。破る、鍵を壊すなどして容易に室内に入られる被害が後を絶ちません。

玄関には意識が向きがちだけど窓はそうでもない、と言う人がいるかもしれません。実はこの考えはとても危険。ここでは窓の防犯対策を紹介していきます。

スポンサードサーチ

「対策している」との思いこみ

外出時、きちんと鍵をかけるのは当たり前です。ごみ出し程度であっても常に施錠し、泥棒に隙を見せない必要があります。泥棒は家人のそうした気の緩みを狙っているため、無防備な人ほど大歓迎なのです。

ただ、鍵をかけているから対策はバッチリと思ってはいけません。泥棒が侵入できないように防犯ガラスを設置していますか?玄関やバルコニーに監視カメラはついていますか?窓は二重になっていますか?

こう尋ねると、おそらく多数の人は首を横に振るでしょう。

つまり、これまで対策していたと思っていたものは「無対策」と同じなのです。

たしかに費用などの面で防犯仕様にしたくても躊躇してしまうケースはあるでしょう。しかし、「玄関のカギを上下ともにかけている」「バルコニーのクレセント錠は必ずかけている」と言っても、泥棒にとっては何の対策もしていないのと変わりません。

「単なる鍵締めでもしないよりはマシ」との意見が出てきそうですが、泥棒から見れば「ほんの少し侵入に手間がかかるだけで、対策している家庭に比べればほとんど大差ない」で片づけられてしまいます。

対策にはやはりある程度お金をかける必要があるのです。

窓の鍵をかけないケースが多い

換気のために窓を開けた際、締めるのを忘れて外出したり、就寝してしまったりする例が多くみられます。

「玄関のドアは開けたら締める」を徹底する癖に、窓は何かと忘れがち。普段自分自身が出入りするのにドアしか使わないため、無意識に「泥棒も窓からは入らない」と思いこんでしまうのが最大の理由でしょう。

また、「ゴミ捨てに行くだけだから締めなくても平気」とそのまま留守にしてしまう人も多いようです。泥棒はこうしたわずかな油断を見逃しません。鍵を破壊する手間が省けるため確実に侵入されてしまいます。

トイレや台所の小窓は常に鍵を閉めない人がいるのも驚き。日常的に開け放していたり、頻繁に開け閉めしたりする家庭にとっては、換気用小窓の施錠は確かに面倒かも知れません。泥棒は、家人のそうした「めんどくさい」と感じる心理を突いてきます。

いずれにせよ、鍵締めを怠ったばかりに生じる損害は測り知れません。あの時なぜ鍵をかけなかったのかと後悔しても後の祭り。玄関の施錠と同じく習慣化しないことには、窓からの侵入を防げはしません。

スポンサードサーチ

侵入窃盗に関するデータ

警察庁発表の「平成23年上半期の犯罪情勢」によると、一戸建て住宅の侵入窃盗認知件数の総数23,131件のうち、窓からの侵入は「13,593件」との結果が出ています。

侵入手段について見ると、最も多いのがガラス破り(8,113件)、次に無締まり(4,443件)。ガラスを無理矢理破っての侵入や無施錠の窓からの侵入が多いことから、玄関よりまずは窓の防犯対策をすべきことが分かります。

窓のカギを替える

ここでは窓に焦点をあてて紹介します。皆さんの家庭にもあると思いますが、窓を施錠する際に操作するあの半円形の物体は、正確には鍵ではありません。

クレセント錠と呼ばれる「単なる締め金具」。防犯目的ではなく、窓の外に室内の音が漏れないよう密閉するためのもの。

「あれをきちんと締めていれば安全」では決してなく、ほぼ無施錠といっても変わりません。

ガラスを破れば容易に解除されてしまい、防犯上ほぼ意味がないのです。

ではどうするか。防犯仕様の鍵に交換すべきです。

幸い防犯性の高いクレセント錠が発売されているため、それに交換すれば侵入は容易ではなくなります。

まずはクレセント錠本体に鍵が付いているタイプから。これはクレセント錠を動かす際に鍵が必要な構造になっており、万一ガラスを破られても鍵を解除しない限りクレセント錠が動かなくなっています。

ディンプルキーを採用しているタイプや暗証番号を入力するタイプも出ているため、より高い防犯性能を求める人におすすめ。

警告音を発するタイプもあります。これは窓を破壊しようとする際の振動をキャッチするとアラームが鳴るというもの。甲高い音なので周囲に気づかれやすいほか、幼児のいたずら対策としても効果があります。

次に補助錠。クレセント錠を別の何かに交換する必要はなく、窓枠に貼りつけるだけで済みます。補助錠のレバーを操作することで窓を開閉できる構造です。

ポイントは窓の上下に設置する点。二重にロックすることになり、たとえ一方の補助錠を破壊されてももう一方が生きている限り窓を突破できないようになります。

スポンサードサーチ

100円ショップの防犯グッズはどうか

何でもそろう100円ショップ。なんと防犯グッズまで売られています。もちろん窓ロックもあるのですが、効果はイマイチ。

接着剤も工具も不要なのは100円ショップ商品以外でも同じ。簡単に取り付けられる一方、単にサンにはめこんで回すだけのものがほとんどなので何かの拍子に外れるおそれがあります。

防犯上そこまで優秀とは言えないため、あまり大きな効果は期待できません。安価で入手できるとは言え高い防犯性能は備えていないのは事実です。

併せて使いたい防犯グッズ

鍵を防犯仕様に替えたなら、よりガードを強固にするべく窓の外に面格子を設置しましょう。目隠しにもなり、外から室内の様子を見えにくくする効果もあります。

面格子を破壊して窓を破るのは容易ではありません。窓は破れても面格子自体を突破できなければ侵入は不可能なので諦めざるを得ないのです。

格子と格子の隙間は人間が通れるほどの幅ではもちろんなく、どうあがいても突破は不可能。高い防犯性能を誇ります。

防犯ブザーの設置も有効です。窓が開いた瞬間に警報音が鳴るタイプと振動に反応して鳴るタイプとがあり、どちらを選ぶかは購入者次第。

非常に甲高い音なのでビクっとするでしょう。慣れた泥棒だと冷静に対処してしまうかもしれませんが、なにぶん音が大きいため、周囲に確実に異状を知らせることが可能です。

防犯フィルムも紹介します。特殊加工が施されたフィルムをガラスに貼ることで割れにくくなり、ガラス破りから窓を守ることができます。

購入の際は「CPマーク」の付いた防犯フィルムを選びましょう。このマークは警察庁・国土交通省・掲載産業省の3省庁公認のもので、認可を受けるために第三者の厳しい審査に合格した商品にのみ付与されます。

加えて国家資格を持った技術者による施行しか許可されないのも特徴。フィルムの品質・施行業者の技術ともに国によるお墨付きを得ているため、防犯効果は抜群です。

スポンサードサーチ

まとめ

窓の鍵は玄関ドアほど重視されていない傾向があります。防犯意識を持つのは当然ですが、窓の鍵を確実にかけないようでは意識が高いと言えません。

もとから取り付けられている鍵では心もとないですから、思い切って防犯性のある補助錠などに交換してみましょう。

家の中を荒らされ、大切な物を盗まれる悲しさや怒りはおそらく、被害に遭ってからでないと理解できません。そうした経験をせぬよう、日頃から防犯意識を高く持って実践することこそが必要です。

たかが窓とは思わず、立派な侵入経路になるとの意識を常に持ちましょう。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。