どこからがアウト? ストーカーの定義を知って自分の身を守ろう

  1. 防犯対策

好意を寄せる相手に対し、過剰かつ執拗なまでにアプローチする人がいます。たとえそれが本人には大したことのない行為でも、された側は非常に怖い思いをすることになります。

ストーカー被害に悩む人は今なお多いですが、そもそもストーカー行為とは具体的に何を指すのでしょうか。ここではストーカーの定義や自衛方法などについて紹介していきます。

スポンサードサーチ

ストーカーの定義は?

ストーカーは「ストーキングをおこなう者」のこと。つきまといや待ち伏せなどをして自己の歪んだ恋愛感情を相手にぶつける行為のことです。

痴情のもつれなどが原因で行為に及ぶケースが多く、場合によっては憎悪の念に駆られて相手を殺してしまうこともあるほど。相手を殺したくなるほどの心情とは、一体どんなものなのでしょう。

ストーカー行為はストーカー規制法に基づいて処罰されます。当該法によると、「つきまとい、待ち伏せ、押しかけ、うろつき、面会や行為際の要求、乱暴な言動、無言電話、ファクシミリ、電子メール、SNS等」がストーカー行為に当たります。

なお、ストーカー規正法は平成28年12月に改正されたことで罰則が強化されました。具体的には、「ストーカー行為をした者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」「禁止命令に違反してストーカー行為をした者及び禁止命令等に違反してつきまとい等をすることによりストーカー行為をした者は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金」など。

ストーカーと認定される境界線は?

本人に悪意はなくとも、ストーカー規制法と言う法律に照らし合わせてアウトとなるケースはいくらでもあります。

例えば、好意を寄せている相手を探すために興信所を利用するケース。自分自身で探そうにも手立てがなく、頼れるのが興信所しかない場合の話です。

興信所に人探しを依頼することは違法でも何でもありません。個人で誰かを探す場合も同様です。

しかし、相手が見つかったとして、つきまといや交際を迫るなどの行為をはたらけば立派な犯罪です。

「これくらいなら法的に何の問題も無いだろう」と思っても、法律で規定されている以上は犯罪となります。

また、少しでも相手が不快だと思った時点で当該法に抵触するおそれは十分にあります。告白を受け入れてもらえるまで何度もしつこくメールを送る、終始相手の自宅前で待機しているなど、相手に畏怖を覚えさせればストーキング認定されてしまうのです。

スポンサードサーチ

ネットストーカーはどこからが違法?

昨今はツイッターやフェイスブックなどのSNSが爆発的に普及し、非常に多くの人が利用する時代となっています。

それに伴い「ネットストーカー」も規制されるようになりました(2017年1月3日施行)。SNSやLINE、ブログなどで暴言を吐く、不快なメッセージや画像を送信するといった行為はすべてストーキングとして処罰の対象となり、実際、法改正後は逮捕者が続出しています。

誰もがネットで発信できるようになった反面、SNSなどで自撮り画像や職場、居住地などを安易にアップすれば特定も容易。執拗にメッセージを送る、位置情報を頼りに自宅を特定するなどストーカーは何でもしてくるので非常に危険です。

また、ネットストーカーは過去や現在の知り合いによるものと限りません。ネットを介して知り合った、あるいはまったく何の関わりもない人間からある時、「付き合って下さい」と告白されるケースも十分あります。

そこで断ると態度を急変させ、「付き合え!」「お前の家や職場を突きとめたからな」「俺から逃げられると思うなよ」など脅迫メッセージを送ってくることも。相手の素性が分からない分、面識のある人間からのストーキングよりずっと恐怖です。

SNS、LINE、ブログ、その他ネット上のサービス利用して個人を特定できる状態にある人は、いつネットストーカーに目を着けられてもおかしくありません。

ストーカーになりそうな人の初期段階の行動は?

ストーキングは段階を経て徐々にエスカレートしていくのが一般的。

例えば、それまではほとんど来なかったメールが毎日1通以上送られてくるのであれば、相手は確実にこちらを本格的に着け狙い始めたと見てOK。

この段階できっぱり断ってもメールアドレスを変更しない限り、どんどんメールは送られてくるでしょう。

また、郵便受けに届くはずの郵便物がない場合も要注意。このパターンでは相手にこちらの住所を把握されているため、引っ越さない限りは居場所が筒抜けです。

通勤や通学で自転車を利用している人ならば、タイヤをパンクさせられたり、サドルに体液で汚損されたりするおそれもあります。いつでもこの程度のことはできるんだぞとのメッセージが込められており、非常に卑劣です。

さらに下着を盗まれるなどの被害も。

空き巣や変質者の仕業かと思ってしまいそうですが、ストーカーもこの手の盗みを犯します。

下着を盗んで何をするかを考えただけでぞっとしますが、さらにタチの悪いことに、何度でも繰り返し下着を盗んでいくケースも。

下着以外の衣類も含めて洗濯物は室内に干すなど対策が必要です。

スポンサードサーチ

ストーカーになりうる人間の特徴は?

ストーカーの加害者は主に男性が多いため、ここでも男性を例に説明しますが、ストーカーにはいくつかの特徴が存在します。

①嫉妬深い

相手を束縛することで満足感を覚えるタイプ。相手が意のままにならないと非常に欲求不満が募り、ストーキングに手を染めてしまいます。

なので他の男性と交際しているなどの事実がストーカーに知られれば、文字どおりこちらを支配しようと待ち伏せしたり、刃物や汚物を送りつけてきたり、家の中に侵入されたりと実力行使も辞しません。

②交際経験や友人が少ない

特定の相手に執着することで自身の存在意義を見出そうとするため、気のある相手に対して異常な執着をみせるのがこのタイプ。

相手に依存したり、相手が心を許すことがあれば尊大に振る舞ったりする傾向もあります。また、自分の中の勝手な妄想に相手を近づけるべく高圧的になるケースも。

いずれにせよ日頃から他者との接点が少ないため、意中の相手に執拗なまでの好意を寄せてきます。

③自己中心的

何でも思い通りにいかないと気が済まないタイプ。常に相手が自分の言いなりになることを望んでおり、必要とあらば相手に危害を加えることも。

相手の感情を一切無視して欲望を満たすため、自分の行為に自覚的でありながら「そんなの知ったことか」とばかりに相手を屈服させようとします。「サイコパス」に通ずる部分もあると言えます。

④子供っぽい

感情的で言動が幼い男性はストーカー気質といえます。自己中心的と被る部分がありますが、欲しいと思った事物に対して理性の歯止めが利かないため、非常に幼稚な精神であることが多いです。

「ガキっぽいな」と感じる相手とはなんとなく距離を置きたいもの。ストーカーになるかならないかはともかく、一緒にいたいとは思わない方が普通です。

妙に子供っぽい言動が目立つ男性とは距離を置いた方がいいでしょう。

まとめ

ストーカーと言ってもその手口はさまざま。いずれにもその根底には「どうにかして意中の相手を自分のものにしたい」と言う歪んだ気持ちが存在しています。

加害者がどう思おうが、被害者にとっては恐怖でしかありません。少しでも異状を感じた際は早めに警察に相談する必要があります。

今後も増え続けるであろうストーカー被害。被害が深刻化する前にしかるべき対応をすべきです。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

東京都は防犯パトロール活動が盛ん

日本の中でも最も人口が多く、当然ながら犯罪発生件数も多い東京都。大事なお子さんが東京で一人暮らしをするというだけで不安になる親御さんも多いのではないでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。