天使のささやきの日に子供にも教えたい防犯の合言葉「ひまわり」

 

今日2月17日は「天使のささやきの日」だそうです!

なので、今回はわかっているようで忘れがちなコトを言葉にして、

皆さんにささやいておさらいしたいと思います。

 

この言葉は、親子で一緒に覚えようと子ども向けの合言葉になっているのですが、

大人の女性でも忘れてはいけないことだと思うので、紹介します。

歩くときは「ひまわり®」な場所に気をつけるのです!!

 

こちらが4つのポイントです。

「ひ」ひとりだけになるところ。
一人きりになりそうな場所は歩くのを避けましょう。
「ま」まわりから見えににくいところ。
木や堀などで隠れた場所も危険です。
「わ」分かれ道や脇道、裏道の多いところ。
不審者が隠れていたり、逃げ込みやすかったりするので注意しましょう。
「り」利用されていない建物や公園。
空き家や草が茂った空き地、人気のない公園や駐車場も危険です。

親子で身につける防犯術より引用

http://kokaken.jp/nl/nl25.html
(外部サイト からだ環境総研へ移動)
*ひまわり®は(株)ステップ総合研究の商標です

これらの場所は子どもだったら知らずに、近寄ってしまうかもしれません。だからこそ、このように教えてあげなければいけません。

しかし、大人になってこのような場所が危険だとは認識していても、自分なら大丈夫や、こっちの方が近道だから、遠回りはしたくないという気持ちで、暗い公園を通ってしまっているかもしれません。

ですが、その少しの判断の違いで、犯罪に巻き込まれること稀にではなく、あるのです!!

家に着く時間が10分遅れてしまうとしても、明るい道や人通りの多い道から帰りましょう。

“合言葉は「ひまわり®」”忘れずに!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です