注目の記事 PICK UP!

バレンタインデーに犯罪が増える!?彼女を守るための防犯(護身)グッズ10選

2月14日はバレンタインデーです。なぜか男性はソワソワする1日ですよね!女性にとっても大きなイベントの一つだと思います。しかし誰もが楽しみにしているバレンタインデーなのですが、その日はなぜか犯罪が増えるという説もあるのです。

そこで今回は、「なぜバレンタインデーに犯罪が増えると言われているのか?」の検証と、バレンタインデーに備えて彼が彼女を守るために持たせたい役に立つ防犯グッズを解説付きで10選ご紹介いたします。

バレンタインデーに犯罪が増えるのは本当か?

バレンタインデーに犯罪が増えるという説があるのですが、いろいろと調べていくと「なるほど!」と思えるような事案が全国各地で起こっていました。

なぜバレンタインデーに犯罪が増えるの?

バレンタインデーを知らない人はいないと思いますが、女性が男性へチョコレートをプレゼントするイベントです。彼氏やご主人、または会社の同僚やサークル仲間など恋人や夫婦だけではなく友人・知人へプレゼントすることも多いです。

しかし彼女もいない、趣味もない、会社勤めもしていない人もいます。当然ですがチョコレートのプレゼントもないのです。実はこれがバレンタインデーに犯罪が増える要因になっているのです。

どんな犯罪が起こるの?

ではどんな犯罪が起こるのでしょうか?

万引き

バレンタインデーの日にもっとも増えると言われている犯罪が万引きです。一度もチョコレートをもらったことがない男性や誰からもチョコレートをもらえない男性がスーパーのバレンタインチョコレートの特設コーナーからチョコレートを盗むという万引き被害が相次いでいるようです。

暴行・傷害

バレンタインデーの日に、彼女がいない男性が幸せそうなカップルに対して因縁をつけ暴行を働く事件が起こっています。

レイプ

こちらの犯行理由も同じで、彼女がいない男性が幸せそうなカップルに対してイライラを一方的に募らせ女性が1人になるところを狙って襲うという、何とも身勝手な犯罪が起こっています。

バレンタインデーに備えは必要

バレンタインデーに犯罪が増えるのは、本当のようですね!幸せな時間になるはずなのに理不尽な考えで犯罪を起こされてしまってはたまったものではありません。

ではバレンタインデーに起こる「万引き」や「暴行・傷害」「レイプ」から、どのように身を守ると良いのでしょうか?

普段から防犯意識を高めておく

普段から防犯意識を高めておくことは凄く大切な考え方です。最近は「スマホ歩き」をする人が増えていますが、この行動はもっとも危険で犯罪者に狙われやすいのです。

スマホ歩きは絶対にしないでください。

防犯意識を高めるというのは、普段から「なにか起こるかもしれない」という意識でボケッと歩かず周囲に注意を払い、危険な場所には立ちよらず、何か少しでも違和感を持った場合にはすぐにその場を離れるなどの意識と行動力が大切です。

防犯グッズで自宅を守る

防犯意識を持つことと防犯グッズや護身グッズを最大限に活用して自宅を守ることも必要です。是非、備えてほしい防犯グッズを5つご紹介いたします。どれも高価なものではないのですぐに実践してほしいと思います。

【オススメ防犯グッズ①】防犯砂利

防犯砂利は人が砂利を踏みつけると大きな音がでます。犯罪者は音を嫌います。死角になる場所やベランダへまんべんなくまいてください。

【オススメ防犯グッズ②】センサーライト

センサーライトは人を感知した場合にだけライトを点灯させます。夜間はとくに犯罪が増えます。明りがない場所と死角になる場所にはセンサーライトを取りつけましょう。

【オススメ防犯グッズ③】ワンドアツーロック

ワンドアツーロックというのは一つのドアに二つの鍵を取りつけることです。犯罪者は侵入をするのに5分以上時間がかかると判断した場合は犯行を諦めるというデータがあります。メインの錠とは別に補助錠を取りつけてください。

【オススメ防犯グッズ④】防犯フィルム

防犯フィルムは窓を割って侵入をしようとしてもフィルムが貼ってあるので完全に窓を割ることが不可能です。ある防犯フィルムメーカーの実験では、窓を叩き割って中へ侵入するまでに10分以上は時間がかかることがわかっています。

防犯フィルムはベランダやトイレ・浴室の窓に貼りましょう。

【オススメ防犯グッズ⑤】窓用防犯アラーム

窓用防犯アラームは窓に取り付けるもので、外から侵入をしようとしても振動を感知して大きな警報が鳴り響くようになっています。

大音量でアラームが鳴り響いてまでも犯行に及ぼうとする犯罪者はほとんどいません。窓用防犯アラームはすべての窓にセットしてください

護身グッズを持つ

自宅を守るために5つの防犯グッズをご紹介しました。しかし犯罪は自宅だけで起こるわけではありません。外出先でも対策が必要です。そこで外出先で役に立つ護身グッズを備えてください。

とくにバレンタインデー型犯罪で役立つ、彼女に持たせたいオススメの護身グッズをこの後ご紹介いたします。

彼が彼女を守るために持たせたい防犯グッズ5選

それではバレンタインデー型犯罪に役立つ、彼が彼女を守るために持たせたい防犯グッズを5選ご紹介いたします。

【オススメ護身グッズ①】防犯ブザー

「イザ!」という時に周囲へ異常事態を知らせるために防犯ブザーは持っておくべきです。その大きな音にビックリして逃げ出すものもいます。しかし防犯ブザーは様々なタイプがあるので、選ぶ際には以下のポイントを押さえましょう。

充分な音量があるか?

防犯ブザーの役割は周囲の人に気づいてもらうことです。誰も気づくことができない程度の音量では役に立ちません。防犯ブザーを購入する際に、基準とするのは「100dB」以上の音量が出るものを選んでください。

簡単に持ち歩けるか?

あまりにも大きいと持ち歩くのが嫌になりますし、邪魔になるようでは役に立ちません。選ぶ際のポイントはポケットに入れても邪魔にならない違和感がないタイプを選びましょう。

簡単に鳴らせるか?

「イザ!」という時にすぐ防犯ブザーを鳴らせないと意味がありません。選ぶ際のポイントは引き紐タイプか押しボタンタイプで女性の力でも無理なく鳴らせるものを選びましょう。

【オススメ護身グッズ②】催涙スプレー

催涙スプレーは女性が暴漢者などから身を守るためには大変役に立つ護身グッズです。コンパクトサイズのものが多く口紅タイプもあります。バレンタインデーなど犯罪が多発するような日には、彼と離れる前に催涙スプレーを手に出し持って歩きましょう。

もし暴漢者が現れた場合は、相手の顔めがけて催涙スプレーを噴射してください。少しでも顔に吹きかけることができれば相手は数分間、目を開ける事ができなくなります。そのスキに防犯ブザーを鳴らしながら逃げてください。

【オススメ護身グッズ③】フラッシュライト

フラッシュライトは普通の懐中電灯とは異なります。持ち歩きができる軽量小型のタイプが多く、懐中電灯とは比較にならないほど明るいのが特徴です。

夜間の暗くなる場所でも役に立ちますが、護身用としての使い方もあります。もし暴漢者が現れた場合は、相手の顔めがけてフラッシュライトを照らしてださい。強力な明りを目に浴びた暴漢者は視界を奪われるので、数秒間は目が開けられません。そのスキにダッシュで逃げることができます。

【オススメ護身グッズ④】バッグ

バッグのタイプはリュック型でもショルダータイプでもトートバッグでも、なんでもかまいません。バッグを護身用として使う方法は暴漢者の盾として使います。

例えば、エレベーターの乗り降りをする際に扉が開いた瞬間を狙って刃物で刺しに来ると言う事件が発生しているのですが、そのような犯罪の備えとしてバッグをお腹の前に持って扉の中央に立たずに左右どちらかに立ちます。仮に扉が開いて相手が突っ込んできても致命傷になるお腹をバッグで防ぐことができます。

また路上でも「イザ!」という場合は、バッグを両手で持って相手の襲撃をバッグで受け止めることができます。

【オススメ護身グッズ⑤】逃げやすい服装

逃げやすい服装は護身グッズではないのですが、これは重要なことなので是非、実践していただきたいです。例えば「イザ!」という時にハイヒールやロングスカートではダッシュで逃げることが困難です。裸足で逃げるとしても路上にはガラスの破片や突起物などがあり危ないです。

ですからできる限り走って逃げる事ができる服装を心がけてください。もし勤務先がハイヒールとロングスカートでなければならない場合は、通勤時だけでも逃げやすい服装にして会社についてから着替える方法をとってください。

まとめ

バレンタインデーに犯罪が増える理由がわかりました。幸せそうに過ごすカップルに不快感を持ち傷害事件を起こす、レイプをするなど身勝手な罪を犯してしまうのです。

2月14日はカップルにとって楽しみなイベントだと思います。しかしバレンタインデー型犯罪に備えて彼は彼女を守るための防犯対策を真剣に考えてください。

今回ご紹介した防犯グッズと護身グッズは、犯罪者に対して有効なものばかりです。楽しい時間を安全に過ごすためにも是非、参考にしていただき彼女の身の安全を守ってほしいと思います。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 本日衣替えの日!薄着の季節が終わっても気をつけたい防犯ファッション

  2. 飲みの席では気をつけろ!女性を狙う「レイプドラッグ」の実態と防犯対策

  3. 防犯カメラの映像とエントランスのオートロックが暮らしを守る第一歩

  4. wifi接続できる防犯カメラなら設置が簡単

    自宅のwifiを利用した防犯カメラの設置方法と注意すべきポイント!

  5. 【要チェック】あなたの家は大丈夫?犯罪の起きやすいマンションの特徴とは

  6. 外観タイルのリフォーム工事中のマンション特有の防犯対策とは?

  7. 身に及ぶ危険!! 防犯ホイッスル(笛)がそこにある危機を救う 女性たちはそもそも防犯ブザーや笛を軽視…

  8. 児童ポルノの被害者は7割以上が中高生!!SNSに潜む危険性とは?

  9. 泥棒から我が家を守るために窓やサッシへの防犯対策をしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP