家のガラスを防犯ガラスにすると、窃盗犯は敬遠して犯行をあきらめる!?

  1. 防犯対策

ベランダはどうしても隙が生まれてしまい、侵入経路として目をつけられることが少なくありません。その中でもガラスは弱点です。防犯性の高いガラスにする必要があります。なぜガラスを強化することで犯行を少なくすることができるのか解説していきましょう。

ベランダが侵入しやすいわけ

窃盗犯がベランダから侵入するのはなぜでしょう。まずはここから詳しく解説していきましょう。
窃盗犯は、ベランダから侵入することで比較的簡単に犯行をおこなえます。警視庁が発表した調査によると、”窃盗犯の3割がベランダ、縁側などが侵入経路として選ばれ、窓ガラスを破り侵入をしています。”(平成29年中の侵入窃盗の傾向 警視庁)

なぜ、窃盗犯の多くがベランダやバルコニーから侵入をして犯行に及んでしまうのでしょうか。次の理由から侵入しやすいためということが考えられます。

死角になりやすい場所が多い

まずベランダは死角になりやすい場所であることです。ベランダを物置がわりにして活用している住人が多くいるため、プライバシー保護のために外から見えにくい形態にされているため、などによります。死角が多い=隠れる場所が多いため、犯行がしやすい状況ができてしまっているのです。

目撃されても不審がられない

玄関先で怪しい動きをしていると目立ちますが、ベランダではどうでしょう。エアコンの室外機が置いてあるベランダも多いため、作業服を着ていれば不審に思われません。

室内に侵入しやすく、見られても不審がられないという理由から、ベランダが侵入経路として選ばれます。そしてベランダのガラスが簡単に破ることができるものであれば、より犯人も犯行をしやすくなると言えます。

窃盗犯が嫌がるガラスとは

では、窃盗犯が犯行がしにくいと感じるのはどのようなベランダでしょうか。
まずベランダに物を置かず死角を減らしておくことも大切ですが、それ以上に重要なものがガラスです。

窃盗犯が苦手とするガラスは、次のようなものです。
・ハンマーで叩いても破ることができないガラス
・1枚板のガラスではなく、二層構造になっているガラス

つまり、簡単に破ることができないガラスです。防犯ガラスをはじめとした、破るためにかなりの労力が必要と感じるガラスの部屋はターゲットとして選びません。

これは、データからも有効であることが示されています。警視庁が発表したデータによると、窃盗犯は5分以上侵入にかかると判断すると犯行を諦める傾向にあります。防犯ガラスのようなガラスでは、ハンマーで叩いても簡単に破ることができず、ガラスを割って施錠を解除するといったことが難しくなります。
その結果、犯行を諦めて別のターゲットを探すという行動になるので、防犯ガラスにしておくことでかなりの効果があるということがわかります。

さらに窃盗犯が敬遠するケースがあります。防犯ガラスはなんどもハンマーで叩けば破ることができますが、その先にベランダの鍵があけられないと悟ったら犯行を諦める傾向にあります。そのため、防犯ガラスだけでなく、ベランダや窓の鍵が強固なものになっている場所は犯行の被害にあいにくいので、犯行を防ぐ最も有効な方法は、防犯ガラスと施錠対策だということがわかります。

スポンサードサーチ

防犯性の高いガラスにする対策方法

それでは、どのような対策をしていけば良いのか紹介していきましょう。

防犯フィルムを貼り付ける

最も簡単な方法は、防犯フィルムを貼り付けて防犯性を高めるという方法です。ベランダが最初から防犯性の高いガラスになっている物件はかなり限られていて、一軒家の注文住宅でない限りはそのような物件を探すのは難しいと言えるでしょう。

その場合は防犯フィルムを貼り付けることで、防犯性が弱いものでも強度を強くして犯行がしにくい防犯ガラスにすることができます。防犯フィルムは簡単に貼り付けることができるので女性でも安心です。

CPマークで商品を選ぶ

防犯フィルムといっても、さまざまなタイプのものが発売されています。この時重要な基準が1つあります。それが、CPマークがついているかどうかです。CPマークとは、防犯性の高い部品に認定されたもので、警視庁が中心となって作ったマークです。そのため、CPマークがついている商品=警視庁お墨付きということでもあるので、積極的にこのような商品を選ぶようにしましょう。

補助錠をつける

防犯性を高めるダメ押し対策として、補助錠をつけることをオススメします。防犯フィルムだけでは、破られたあとにすぐに施錠が解除される可能性がありますが、補助錠をつけておくことでさらに手間取ります。補助錠は色々なタイプがあり、窓のサイズによって合わないものもあるので、よく確認してから購入してください。

まとめ

ガラスの防犯性を高めるだけで、家自体の防犯性を高めることができます。
ちょっとした対策ではあるものの、犯行を防ぐための有効手段であることには代わりはないので、窃盗犯が多い地域にお住まいの方はぜひ検討してみてください。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。