注目の記事 PICK UP!

防犯対策の情報を記録して近所の人たちで共有してさらに効果的な防犯を!

防犯対策は安全を確保するためには必要不可欠なものです。しかし、防犯対策をしっかりしていても、継続的に対策をしつづけ継承していかなければ意味がありません。このページでは、防犯対策の記録方法について詳しく紹介していきましょう。

防犯対策の弱点

防犯対策の弱点として、近隣に住んでいる人に対して防犯対策の情報を共有していても、いったん犯罪が減ると安心してしまい防犯対策がおろそかになる点があります。このような地域では、再び犯罪が発生した時にまた1から防犯対策方法を共有しなければなりません。

このような状況の時に、あらかじめさまざまな防犯対策の内容と結果が記録されていれば、どのような犯罪が起きてもその記録を元に再び防犯対策を実施することができます。また、犯罪に関する情報が記録されていることで、近隣住民が防犯への意識を高めることができます。

そのため、防犯対策をしっかりと記録して、住民同士で共有をしておく必要があります。

防犯対策を記録するメリット

継続的に防犯対策の方法をはじめ犯罪に関する情報や対策を記録することで、常に住人たちに注意喚起をすることができます。また、犯人の特徴を記録したものを共有しただけで注意喚起することができます。

たとえば、過去の近隣エリアで発生した犯罪で、犯人が逮捕されたケースがあるのであれば、そのような映像や、情報を共有することで ”過去にこんな事件があったので気をつけてください“といった風に記録が役に立つことがあります。

記録をする方法とは

それでは、どのように記録を残していけば良いのでしょうか。もちろん、記録をする担当を作らなければいけません。担当になった人は、定期的に地域の掲示板に張り出して注意喚起を促す場合や、町内会で役にたつ資料として作成する必要があります。記録方法はいくつかあります。

見える形で記録する

住人に見える形として、文章にして記録をするという方法があります。その街の季節によってどのような犯罪が起きやすいのか。どの時間帯に犯罪が起きやすいのかを過去の犯罪記録を参考にして、犯罪の統計を独自に作成し、そのデータを元に住人に注意喚起をする方法があります。

このような記録は、具体的なデータを示すだけで住人への注意喚起を強く行うことができるので、見やすい表を作成して共有をするように心がけましょう。

パトロールの活動を記録する

地域でパトロール活動を行なっているのであれば、パトロールについての活動報告を住人に対して発信しても良いでしょう。パトロールでどのような活動をしているのか。パトロール中に気になった危険性のある場所。住人への協力要請など、パトロールを継続的に行うために必要な情報を発信し、住人間に安心感を与えることができます。

不審者情報の記録の共有

万が一不審者が近隣エリアに現れたということがわかっているのであれば、その不審者情報を共有します。場合によってはマンションの監視カメラに撮影された不審者の姿を住人が共有することも可能かもしれません。

また、監視カメラの映像で公園のトイレをはじめとした公共施設に撮影された可能性が高い犯人の映像を共有したいということであれば、一度警察に相談をして映像を共有してもらえないか交渉しましょう。
基本的に自治体の管理している監視カメラは、プライバシー保護のため映像を第三者に提供することはありません。警察が捜査の上で必要な場合に限って映像を提供するというルールの下で設置運営している自治体がほとんどなので、警察を通してしか映像は確認できません。

防犯対策の記録をする上で気をつけることは

防犯対策の記録をする上で気をつけることがあります。それは、住人が求めている情報を拡散することができる手段と、必要な情報の提供です。不審者が出没しているのであれば、不審者に遭遇した場合や、過去にどのような時間帯に犯罪が発生しているかといった記録を共有することで、防犯意識を高めることができます。

住人が知りたい情報は何かということに意識をして記録を作成しましょう。また、マンションの監視カメラの記録映像はプライバシーの保護を侵害する恐れがあるので、適切に管理をするように心がけましょう。

まとめ

防犯対策は、記録を共有することで住人同士の犯罪意識を高めるだけでなく、注意喚起にも最適なツールです。これから防犯対策をしようと検討している住人のみなさんは、このような点に注意をして記録を作成してみてください。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

  1. 今すぐ活用できるアイテムと防犯のアイデア

  2. 入学式を迎える前にチェック! 子どもに教えておくべき防犯術

  3. 【温泉の日】旅行時に気をつけたい旅行の防犯対策!!!

  4. 安心安全な街を実現するために活動する防犯協会

    “安全で安心な社会”の実現!全国に点在する防犯協会の取組みや活動とは

  5. 【新社会人へ!】社会に潜む危険から身を守る6つの防犯対策

  6. 自由な一人暮らしのメリハリと防犯

  7. 泥棒から我が家を守るために窓やサッシへの防犯対策をしよう

  8. 【リサーチ】防犯性はどこまで期待出来る? カラーボールの効果と使い方

  9. 【オドロキ事件簿】男が男に痴漢!?「チューブマン」から考える障がい者を装った変質者への対処方法とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP