初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記その⑤お部屋決定。家のまわりを散歩する

  1. 体験レポート

なんとか母娘両方が納得できる部屋が見つかりました。100%完璧な部屋を選ぶのは難しいですが不満なところを工夫や道具で解決するつもりです。(防犯グッズについては次回に)

今回は家の近くの店・施設を調べてみました。

スポンサードサーチ

コンビニ

家の近くに必要なものとして娘が主張するのはコンビニ!駅から家までの途中にコンビニがあり、娘は大満足です。

24時間必ず店が開いていて必ず誰かがいるというコンビニは、防犯の点からみても大変ありがたい存在です。緊急事態の時に助けを求めに行けますし、防犯カメラや警察への通報システムも完備しています。ですが、コンビニにも注意するべき点があります。

毎回同じ時間帯にコンビニを利用するのはやめましょう。犯罪者に目を付けられる可能性があります。また、「いつもお弁当をひとつ買ってお箸を一膳つけてもらう」というのもよくありません。一人暮らしだと公言しているようなものですね。買い物は多めして、ひとり暮らしではないことを装いましょう。

スーパー

A close up photo of a shopping basket in a supermarket while an unrecognizable person pushing.

大通りに大きなスーパーがありました。オープンしている時間帯をチェックします。ついでに客層を確認します。日曜の午後、夫婦や家族連れも多く安心できそうな街であることがわかりました。店員さんもたくさんいて、活気のあるよいスーパーです。

スーパーでの犯罪と言えば万引きです。商品棚から隠し持ってそのまま外に出るという方法だけでなく、お客さんがレジでお金を払った後、買った品物を袋に入れているときに、かごからそっと盗んでいくという犯罪もあります。

店員さんが少なすぎる店や元気のない店は万引きも多くなる傾向にあるので、巻き添えを食わないように手荷物に気を付けましょう。

スポンサードサーチ

交番

スーパーの並びに小さな交番があって安心です。ただしお巡りさんは中に見当たりませんでした。奥の部屋にいるのか、巡回中なのか。交番といっても、常にお巡りさんが外を見張っているとは限らないのです。

用事があるときや助けを求めるときは、交番の中の電話でお巡りさんを呼びます。来てくれるまで時差がありますので、緊急事態の時はコンビニなど確実に人のいるほうに向かったほうが良いかもしれません。

災害時避難場所

自治体のホームページなどに避難場所の記載があります。大抵は地域の小・中学校ですが、どこにあるかだけでもチェックしておきましょう。海のそばの街なら津波のことを考慮して、高台にある避難場所も押さえておきましょう。

娘の家から最寄りの小学校までは少々距離があるようです。が、付近を歩き回っているうちに、近くのお寺に「災害避難所」の看板がかかっているのを見つけました。また公民館もあります。災害時にはそういった地域の避難所で情報を入手できますのでチェックしておきましょう。

スポンサードサーチ

病院

Group of doctors in a hurry down the hospital hallway for emergency

病院に関しては病気になってから探しても良いかもしれません。ですができればどんな病院が近くにあるかをチェックしておいて、その病院の評判を調べておきたいところです。どのお医者さんの評判が良いのか、大家さんに聞いてみるのもいいでしょう。

ドラッグストア

スーパーやコンビニが近くにあればそちらでなんでも買えるのですが、日用品が安いドラッグストアがあればありがたいですね。娘の家からちょっと離れたところにドラッグストアがありました。ただし行く途中に大きな公園に沿った道を通るので、暗くなってからは注意するように娘に言っておきます。

娘
娘ちか:結構、大きな街だね。消防署もあるし、図書館もある。
母みちこ:便利でよかったね。でも夜遅くにコンビニに行ったらダメだよ。そしてコンビニの前を通る道と、スーパーと交番のある大通りとを順番に使ってね。
母親
母親
娘
娘ちか:どうして?近いほうの道だけを使っちゃダメなの?
母みちこ:毎日同じ道を使わないほうがよいの。犯罪者に狙われやすくなるから。
母親
母親
娘
娘ちか:タコ焼き5個200円の店を見つけたのに・・・。
母みちこ:まさか、毎日タコ焼きを食べるつもりじゃないでしょうね!
母親
母親

スポンサードサーチ

まとめ ~今回のポイント~

①コンビニでは一人暮らしを知られないような買い物の仕方を。

②スーパーの開いている時間をチェック。ついでに店内の雰囲気も。

③交番・病院・災害避難所などの場所を確認しておきます。

④いろいろな道を歩いてみる。何か発見があるかもしれません。

執筆者:Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。