サムターン回し?焼き破り?カギとガラスの関係とは!

  1. 防犯対策
  2. 5 view

現在、カギの防犯対策について、色々な防犯グッズや新たな対策が講じられていますが、それと同じように、犯罪の手口も日々進化してきています。

今回は、よく利用される「ピッキング」や「ガラス割り」などの犯行の手口について、ご紹介していきます。

 

スポンサードサーチ

カギの置き場所にご注意を

よく、自宅のカギを玄関のドアの付近に隠したり、ポストや植木の側に置いたりしていた経験がある方もいると思います。しかし、現代において、そのような方法でカギを管理することは非常に危険が付きまといます。

犯行に及ぶ泥棒は、実際に犯行を実行する前に、その家の下見を行うケースが多い傾向にあります。

その目標にされた家の周辺の環境や住民の様子を事前に観察するため、相手にカギの隠し場所を知られ、隠していたはずのカギが紛失する可能性が高いです。もしも、カギを紛失した場合は、早急に警察に相談しましょう。

 

犯行の手口について(カギ関連)

1.ピッキング

カギを使用せずに、針金状の専用の工具を使い、そのカギ穴に針金を差し込んでカギ穴を回し、カギを開錠する犯行の手口になります。

なぜ、このような手口で住宅のカギの開閉ができるのか。それは、住宅のカギの大半が、「シリンダー錠」という形式を利用しているからです。

シリンダー錠というのは、円筒状の形をした穴にカギを差し込んで、そのカギを回してカギの開閉を行う形式を言います。

つまり、そのシリンダー錠に合わせて作った正規のカギを差し込むことで、内部の「タンブラー」という部品が開閉の邪魔にならない位置に動くことで、カギの施錠や解錠ができる仕組みになっています。

細かく見ていくと、このピッキングという作業は、このシリンダー錠で、一番重要な役目を果たしている「タンブラー」という部品を押しのける作業のことを言います。

世の中にカギの種類はたくさんありますが、この仕組みが、最もシンプルな構造をしているため、犯行によく悪用されている背景があります。

 

2.サムターン回し

マンションやアパートに住んでいる方がよく見る玄関のドアのタイプであり、このドアのタイプに対し、よく利用される犯行の手口が「サムターン回し」になります。

このサムターン回しは、この内側にある「つまみ」の部分を、ポストの隙間や工具などでドアに穴を開けて、部屋の内側から、このつまみを回し、住民の意思とは関係なく強制的にカギの解錠を行う犯行になります。

ちなみに、この名称の、ドアの内側部分のカギを開閉する際に操作する「つまみ」のことを「サムターン」と呼ぶため付いた名前でもあります。

 

スポンサードサーチ

犯行の手口について(ガラス関連)

窓ガラスを割り、内側からカギを回し、住宅の中に侵入する犯行を「ガラス割り」と言います。これは一見シンプルに聞こえますが、大きく3つの方法に分類されています。

 

1.焼き破り

これは、ガラスの性質を利用した犯行で、ガスバーナーやライターなどを使用し、その火をガラスに放射し続けた後で、冷水をかけ、その部分を急速に冷やすことで、ガラスの材質を割りやすくして、ガラスに穴を空ける犯行になります。

この手口だと、ガラスの厚さにもよりますが、薄いタイプでは1分ほどで小さい穴を開けられるため、ピッキングやサムターン回しのように、特殊な工具や技術が必要ありません。

近年、定時制に通っていた高校生が、この手口で窓ガラスの焼き破りを行い、犯行に及んだ事例があります。

 

2.三角割り

カギの周りのガラスとそのガラスの枠の部分に、ドライバーを食い込ませることで、ガラスに亀裂を入れます。

そして、この亀裂が入った部分から、亀裂の範囲を徐々に広げていき、そこから手を伸ばして、内側のカギを開けて侵入を試みる手口の事です。

この際に、割れた部分が三角形に見えることから、「三角割り」と呼ばれるようになりました。この犯行の特徴は、割れるガラスの音が小さく、ドライバーを1本使用することで実行できるため、使用する犯罪者が多くいます。

 

3.打ち破り

バールやバット、工具用のハンマーでガラスを砕き、石や硬いボールを投げ、ガラスに穴を開ける犯行です。

これは、上記の「三角割り」と異なり、ガラスを砕いた際の破壊音が大きく、周辺の住宅に音が響くため、住宅が密集している地域ではあまり使用されません。

ただし、短絡的な思考の持ち主などはストレスの発散も兼ねて、実行に移すこともあります。もし、ガラスを割られた時に、そばにいると割れた破片が刺さる可能性があるため、非常に危険な犯行の手口と言えます。

 

窓ガラスを補強する

根本的な問題になりますが、窓ガラス自体を防犯性の高いものに変える方法があります。

しかし、窓ガラスごと変えることは簡単ではありません。もし、簡単に窓ガラスを強化したい場合は、「防犯フィルム」というグッズを購入し、その窓に張り付けることで対応することができます。

この「防犯フィルム」は、外側からの衝撃に強い特殊フィルムで作られているため、一人暮らしの場合でも、インターネットやホームセンターで購入でき、簡単に自宅の窓の強化を図ることができます。

このフィルム一枚を利用することで、仮に「焼き破り」、「三角割り」、「打ち破り」などでガラスを破壊されても、部屋の中のクレセント錠のカギを開錠するまでの時間稼ぎができるため、犯行を防げる可能性を少しでも高めることができます。

 

スポンサードサーチ

まとめ

テレビや新聞で報道されているように、日々様々な事件が起こっています。その中でも、自分の家と似ている条件で発生した事件は、当事者の気持ちになって考えること必要になります。

ここで考えるポイントは、狙われやすい家の特徴を考えるのではなく、「どんな家が実際に狙われたか」を主軸に考えなければいけません。

最初は、自分が住んでいる周辺の環境や行政がどのような防犯対策を行っているのか、防犯事情を知るところから始めましょう。

 

Moly編集部

関連記事

1人暮らしの女性がやるべき不審者対策

1人暮らしの女性は、時に不安になることがあります。特に不安なのが不審者です。一度不審者に遭遇すると、せっかくお気に入りだったお部屋も恐怖の場所へと変わります。今回…

  • 5 view

自由な一人暮らしのメリハリと防犯

女性の一人暮らしで、一番気を付けなければいけないのが、自宅に不審者の侵入を許さないことです。特に、女性の方で社会人や学生の一人暮らしの場合は、外部から不審者の侵入…

  • 2 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。