注目の記事 PICK UP!

ひな祭りの由来にちなんで女の子のための防犯対策を!

3月3日はなんの日ですか??

そう!「ひな祭り」または「桃の節句」と言われている日本の文化です。

 

このひな祭り、女の子のためのお祭りと言われていますが、

もともとどのような由来があるか知っていますか?

 

“古くから日本では紙でつくった人形を川に流す「流し雛」が行われており、

人形に自分の穢れを移して身代わりにし、水に流して厄を祓っていました。”

“ひな祭りの由来をご存知ですか?”から引用

http://www.about-hinamatsuri.info/ (外部サイト ひな祭りとは本来穢れを祓う季節の行事へ移動)

 

つまり、ひな祭りには厄除けの意味があるのです!!

 

そこで、今日は厄除けならぬ、ストーカーよけの方法をご紹介します!

夜の帰宅時、みなさんちゃんと周囲を見渡してから自分の家に入っていますか?

 

もしからしたら気づかないうちに、後ろを付いてきている人がいるかもしれません。

そして、あなたがどこの住まいにどう住んでいるのかを探っているかもしれません。

 

 

以下、

“「自分は大丈夫」はNG!女性が気を付けたい夜間の帰宅時”より引用

http://www.alsok.co.jp/person/lifesupport/woman/08.html (外部サイト HOME ALSOKへ移動)

 

 

では、

“帰宅後に心がけたい防犯ポイント4つ”です↓

 

①家に入る前は周囲を確認!

扉を開ける前に、必ず周りに誰もいないかを確認しましょう。

 

②鍵をかける習慣をつける

開けたらすぐに閉めるがゼッタイです!侵入されてしまった女性宅の多くは、

無施錠だったケースが多いです。

 

③家に入ってもすぐに電気をつけない

入室後にすぐに電気をつけてしまうと、部屋の位置がバレてしまうこともあるので、明かりは少し時間が経ってから、つけるようにしましょう。

 

④ドアを開けたら、声をかける

帰宅した際は、「ただいまー!」と声をかけるなどして、

一人暮らしではないということを装いましょう。

 

 

どうでしたか?

みなさんいつも何気なく帰宅して、何気なく開けている扉ですが、

犯人はちゃんと全部ポイントとして、見ているのです。

 

部屋に入って全て戸締まりするまで、気は抜けません。

しかし、その気の抜けの違いで、防げることは大きいのです!

 

 

しっかり犯人という厄を祓って、健やかで幸せな生活をつかみましょう!!

関連記事

  1. 【重要】キケンを感じたら、とにかく「声を上げること」がカギ!

  2. 犯罪行為での使用は禁止!簡単にできる盗撮用カメラの作り方

  3. 実はこんな防犯対策が! 場所別施設別の特徴的な防犯対策

  4. 一人暮らしでも防犯カメラは必要!女性でも簡単に取り付けられる防犯カメラ5選!

  5. コンビニの防犯カメラでは行なわれている防犯対策とは

  6. 意外と知らない? ひな祭りの由来と、春に起こる犯罪と防犯対策

  7. 泥棒の姿の固定観念を打ち破りしっかり防犯対策

  8. ストーカー被害に遭ったらどうすればいい? 上手な警察への伝え方!

  9. 【夏フェス到来】野外フェスを楽しむ為の心得と防犯対策!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事