注目の記事 PICK UP!

子どものイタズラにも対応できる窓ガラスの防犯対策

侵入窃盗犯に侵入経路としてもっとも多いのが「窓」です。

窓の場合無施錠であれば簡単に、施錠してあってもガラスを割ってしまえば、時間をかけずに侵入することができます。
そこで今回は窓ガラスに対する代表的な防犯対策を調査。近所の子供のイタズラにも対応できる防犯対策などもチェックしておきましょう。

窓の防犯対策は物件選びから

まずは一人暮らしを始める前から防犯対策を意識しておくことが重要です。

これは意識する方も多いかと思いますが、「1階の部屋は選ばない」ということです。

1階の部屋は窓やベランダがすぐ手の届く高さにあり、侵入窃盗犯などにとっては格好のターゲットとなってしまいます。

しかし、2階以上の物件を選べばいいのかというと、それだけではないのが現実です。
例えば3階の部屋を選んだとしても、比較的簡単によじ登れるようなベランダではほぼ意味がありません。

2階以上の部屋を選ぶ場合も、必ず外観を確認し、侵入しにくい構造になっているかどうかを確認しましょう。

見るべきポイントは、ベランダや窓側が一目につく場所にあるかどうか。人目がない方角に窓やベランダがある物件の場合、侵入犯は入りやすい物件ということになります。
また、3階以上の部屋になると、むしろ窓からの侵入はないと思い込んで、むしろ施錠の意識が低くなるという弊害もあります。

何階の部屋でもガラスには防犯対策を

住んでいる部屋の階層が高くなると、それに比例して窓やベランダの防犯対策への意識は下がっていきます。

しかしこれは非常に危険な傾向。例えば5階建ての5階であれば、窓からの侵入は考えられないということになるでしょうか?

仮にその物件が屋上に簡単に出られる物件だとしたら? 屋上から侵入しようとする侵入犯にとっては、5階が一番入りやすい窓ということになります。

あまり考えにくいケースかとは思いますが、ないとは言えない以上、しっかりと対策をする必要があります。

また、窓ガラスに対する防犯対策には、防犯だけではない効果があります。

窓ガラスに施す防犯対策としては、やはり防犯対策用のフィルムを貼るという方法が一般的であり、しかも手軽な方法でもあります。
窓ガラスに貼るフィルムを購入するときは、「飛散防止用」のフィルムではなく、「防犯用」のフィルムを選んでください。

どちらも似たような性質のフィルムですが、飛散防止用のフィルムは「割れても飛び散らない」と割れた場合を想定して作られた薄めのフィルムで、防犯用フィルムは「そもそも割れにくい」ことを想定した分厚いフィルムです。

防犯対策に使えるのは、防犯用フィルムになりますので気を付けましょう。

防犯用のフィルムを貼った場合の防犯以外の効果としては、子どものイタズラ対策にもなるということ。

例えば石ころを投げて窓ガラスを割ろうとするようなイタズラや、単純に野球をやっていてボールが窓ガラスにぶつかって割れてしまうなどという不測の事態でも、窓ガラスは割れることがないので安心です。
そんなことまで考える必要はないと思う方もいるかもしれませんが、考えるというよりは、防犯対策をすることで同時に、こういった子どものイタズラにも対応できるというメリットがあると考えるといいでしょう。

女性の一人暮らしの「窓・ベランダ」における防犯対策

窓やベランダに置ける防犯対策は、ガラスにフィルムを貼るだけではありません。

まずは補助錠を取り付けてダブルロックにすること。単純に窓ガラスを割る箇所が2か所になるだけでも効果がありますし、そのガラスが割れにくくなっていれば効果は倍増です。
そして窓の鍵にサムターンカバーをつけるのも効果的。

破りにくい窓ガラスを破って、補助錠まで開けたところで、今度は窓の鍵を開けるサムターンにカバーがついていればさらに侵入を遅らせることができます。

これに窓の震動で作動するアラームや、窓ガラス周辺に防犯カメラなどを設置しておけば、防犯性能は相当高くなります。
また、子どものイタズラなどにも対応できる対策としては、女性の一人暮らしに見せない工夫というものが挙げられます。

一般的に良く聞かれるのは、「ベランダに男性物の衣類を干しておくこと」という方法があります。ただしこの方法をとる場合は、もう少し工夫が必要です。
多くの侵入窃盗犯は、何度も現場を下見してから犯行に及びます。その下見で不在の時間帯や曜日などをチェックし、さらに侵入経路を考えます。

この時に男性物の衣類で男性が住んでいるようにみせかけるわけですが、毎日同じ衣類がほしてあるとどうでしょう?

何度も下見をすることで、いつも同じ服が干してあることがバレてしまえば、むしろ男性が住んでいないことが分かりやすくなってしまいます。

面倒でようができれば数セット分の男性衣料を準備しましょう。

窓ガラスではありませんが、玄関先で有効になるのが、男性物のスニーカーを玄関に常に置いておくこと。

宅配業者に扮して侵入を試みる侵入窃盗犯や性犯罪者もいますが、そういった犯罪者は玄関先に男性物の靴を見つければ躊躇するはずです。

靴の場合は服と違い同じ物があっても不自然ではないので、中古のスニーカーなどを1足用意しておくといいでしょう。

普段の生活でも細かなところに気を遣おう

窓ガラスの防犯対策からは離れてしまいますが、他にも日ごろからできる防犯対策がありますので、この際覚えておきましょう。
まずは、夜道を帰宅する場合。早く部屋に入りたくて自宅を前に荷物から鍵を取り出して歩く女性が多いようです。

しかしこれはNG行動。
万が一夜道のあなたを尾行している性犯罪者がいると仮定しましょう。

そんな犯罪者があなたが歩きながら鍵を取り出すところを見かけたら、間違いなくターゲットにします。道中で鍵を取り出すということは、家に誰も待っておらず、自分で鍵を開ける必要があるということ。つまり一人暮らしである、もしくは帰っても女性一人であることがほぼ確定します。

家の鍵は玄関まで出さないようにしましょう。
その玄関でも落ち着いた行動が必要です。まずはドアホンを鳴らすこと。もし尾行している犯罪者がいてあなたを見ていた場合、ドアホンも鳴らさずに鍵を開ければ、これも一人暮らしである可能性が高くなるということになります。ドアホンを鳴らして数秒返答を待つ。その後鍵を取り出してドアを開ける。

さらにドアを開けたら無人の部屋に向かって「ただいまー」と一言いいましょう。ここまでを習慣づけて毎日やっておけば、「あの家には同居人がいる」という可能性が高まりますので、これだけで犯罪に巻き込まれる可能性は一気に減ります。

窓ガラスやベランダにきっちり防犯対策を施す。そして毎日の行動でも犯罪者に目を付けられないような言動を心がける。

このように防犯意識を常に高く持つことで、安全で安心した生活を送ることができるでしょう。

Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

  1. あなたの日常生活を撮影する盗撮被害から身を守る防犯対策5選

  2. 不審者情報をリアルタイムで!マップで確認できるおすすめ防犯アプリ4選!

  3. 【ご用心】盗撮対策教えます!!背後に気配を感じたら狙われているかも!?

  4. 簡単にできちゃう!活用したい○○するだけ!防犯グッズ

  5. 明るくすることで防犯性がアップ!

    空き巣などの侵入を防ぐ!防犯効果を発揮する照明の設置方法

  6. 【解決】ストーカー被害は相談すれば安心! 警察? それとも弁護士?

  7. 実はトイレは危険地帯!? 安全を確保するための防犯対策とは

  8. 女性の一人暮らしの防犯対策は「同棲」に見せるのがポイント?窓の強化と洗濯物で泥棒を撃退!

  9. 盗聴器を室内で発見したら、あなたならどうしますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP