注目の記事 PICK UP!

ガラスの防犯対策は侵入経路の特定から重点的に

窓ガラスの防犯対策を万全にしようと考えると、ダブルロックに防犯フィルム、サムターンカバーに防犯カメラと、一か所ごとにそれなりの経費がかかってきます。

一人暮らしの女性にとって、これは大きな出費になりますので、すべての窓をまとめて対策するのは難しいかと思います。

ここでは防犯対策をすべき窓を特定して、順序だてて対策をしていく方法をオススメします。

 

窓の防犯対策の費用相場は?

まずは窓1面にかかる防犯対策費用はどの程度になるでしょう? もちろん施す対策によって費用も変わってきますので、それぞれの対策別に費用を考えていきましょう。

まずはガラスを破られないようにする「防犯フィルム」の費用相場に関して。

防犯フィルムはおおよそ40cm×50cm程度のサイズで1枚あたり1,000円前後が相場です。ネット上などで安いショップを見つければ1枚あたり700円程度の商品も見つかるかもしれません。

続いてダブルロックにする補助錠ですが、これは大きく分けて2タイプあります。ひとつは補助でサムターン錠を追加するタイプ。

もうひとつは鍵穴がついた鍵を設置するタイプです。防犯性でいえば、圧倒的に鍵穴タイプが上位。

サムターンタイプはその補助錠付近の窓ガラスを破られてしまえば、サムターンを回されて開けられてしまいます。

鍵が必要なタイプであれば、付近のガラスを破られても鍵がなければ開けられません。この特性を踏まえてどちらを利用するかを考えましょう。

費用相場はサムターンタイプで500円程度、鍵穴タイプで3,000円程度になります。

サムターンカバーは窓の鍵を開けるサムターンにカバーをかけて、例え窓ガラスを割られて手を突っ込まれても、サムターンを回せないようにする防犯グッズです。

サムターンカバーを設置できる窓は限られていますが、つけられるとして費用は1,000円程度でしょう。

最後に防犯カメラですが、これは性能やタイプ別で費用は変わってきますが、おおよそ15,000円程度になるかと思います。

どの窓でも設置できるダブルロックと防犯フィルムをつけるとして、窓1面で5,000円程度は必要になるでしょう。

 

守るべき窓の優先順位は?

では費用をかけて守るべき窓の優先順位を考えましょう。

優先順位を考える場合には、侵入犯の侵入経路になりやすい窓を特定することがポイント。こういった危険な窓から順に守っていくのがベストになります。

では、侵入犯はどのようにして侵入経路を決めるのでしょう?

一般人が考えると、「入りやすい窓から入る」と考えがちですが、実際は違います。

侵入犯が狙うのは、「他人から見られにくい位置の窓から入る」のが鉄則になります。空き巣や性犯罪者など、侵入窃盗などを繰り返す犯罪者なら、なおのこと「見つかること」を嫌います。

ということは窓の大きさや高さなどは二の次で、周囲から見づらい角度にある窓が狙い目ということになります。

意外と狙われる確率が高いのが、浴室やトイレについている窓です。サイズが小さく人が侵入してくる窓には見えないかもしれませんが、侵入犯からしてみれば十分な大きさです。

浴室やトイレの窓の特徴としては、まず外部から見られにくいところに設置されているケースが多いということ。

どちらもノゾキの被害に遭う可能性がある窓ですから、目立たないところに設置されている物件が多くなります。

そして喚起のために開閉する機会が意外と多く、鍵のかけ忘れが多い窓でもあります。これを侵入犯は狙っているわけです。

浴室やトイレの窓は、必ず施錠をするクセをつけ、防犯用フィルムを貼っておきましょう。形状的にダブルロックができる場合は、ダブルロックもオススメです。

他の窓ガラスに関しても、チェックする部分は同じです。「入りやすい窓」より「入ろうとしているところを見られにくい窓」に注目して、侵入口を特定していきましょう。

この時に注意したいのが、「侵入犯は意外な窓でも普通に入れる」ということ。

例えばマンションの3階の窓だから安心なんてことはありません。窓の下に自転車置き場のトタン屋根がある、窓の隣に非常階段の踊り場があるなど条件が揃えば平気で入ってくるのが侵入犯です。

「ここからは入れないだろう」という先入観は捨てて、とにかく通行人から診にくい、死角にある窓から対策を打って行きましょう。

 

窓の防犯対策の順序

窓やベランダの防犯対策のオススメとなる順序をまとめておきましょう。

まずはガラスに防犯用フィルムを貼ることから始めましょう。防犯用フィルムはさほど高額ではないものの、防犯対策としては非常に優秀なアイテムになります。

まずはすべての窓ガラスに防犯フィルムを貼ることから手を付けましょう。

フィルムは大きさが決まっていますので、窓ガラスの鍵周辺を保護するように貼ります。窓ガラスを割って侵入をする犯罪者は、窓ガラスの鍵付近に片手が入る程度の穴を開けて、手だけを室内に入れて窓のカギを開けることで侵入してきます。その部分を重点的に保護するのが貼り方のポイントです。

続いて侵入の可能性が高い窓にダブルロックを仕掛けます。窓ガラスを破って入ってくる方法は上記の通りですから、できればダブルロックは窓のカ鍵と離れた場所に設置できるモデルを選びましょう。

離れた場所に設置することで、侵入犯はただでさえ防犯フィルムで割りにくくなっている窓を2か所割らなければいけなくなり、短時間での侵入が困難になります。

防犯カメラは最後に考えるアイテム。そしてこの防犯カメラを設置する場所は一工夫したいところです。防犯カメラを設置するのであれば、外部から一番目立つ窓に、分かりやすく設置しましょう。

防犯カメラに犯罪抑止効果を期待するなら、「あの家は防犯カメラを仕掛けるほど防犯対策をしている家だから侵入は難しそうだ」と犯罪者に思わせることです。

あえて隠すのではなく分かり易く仕掛けてみましょう。

 

一番大事なことは?

ここまで窓ガラスを中心に防犯対策について書き連ねてきましたが、もっとも大事なことは、「常に施錠をする」という防犯意識の高さでしょう。

空き巣のような侵入窃盗犯は、そもそも鍵を破ってまで犯行を起こそうとは思っていません。それより鍵がかかっていない家があれば、そちらにターゲットを切り替えるはずです。

犯罪者のターゲットにならないように、常に高い防犯意識を持って生活してください。

 

Moly編集部

女性のための完全防犯マニュアルを見る

関連記事

  1. 【侵入対策】泥棒を遠ざけるのは「ヒカリ」?どんな明かりが侵入者を撃退するの?

  2. 【節分】豆の代わりに防犯カメラで「鬼は外、福は内!!」

  3. 変質者による事件から身を守るために必要なこととは?

  4. しつこいLINEストーカー!対処を間違えると最悪の事態になる!?正しい対処法を紹介

  5. こんなお返しには要注意? ホワイトデーに潜むストーカー被害

  6. 【秋到来】夏で終わりじゃない、性犯罪は秋でも要注意!!!

  7. 覚えておきたいストーカーの特徴!また男女で違いはあるのか?

  8. 窃盗の時効を理解した上で被害届を提出しよう

  9. 犯人を特定できるか!?防犯カメラの有効活用法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

  1. 実は不審者は目立たない? その特徴とは
PAGE TOP