防犯カメラ設置による情報収集で犯罪の可能性を低下させることができる?

  1. 防犯対策
  2. 0 view

私達は防犯対策の情報がどこまで犯罪抑止・減少に貢献出来るのかの可能性についても知る必要があるでしょう。

いま街のいたるところに防犯カメラの設置がありますが、積極的に導入するもののそこにはどの程度の犯罪低下の可能性があるのでしょうか。

防犯カメラを設置して治安が良くなったと感じている人たちは多くいます。 それは国が実現する治安ではなく、それぞれ個人個人が行う防犯対策です。今後、防犯率を低下させるためにも、それぞれの人たちが防犯カメラ設置の意識を持つ必要がありるのではないでしょうか。今回「あまりよくわからない……」という女性たちに、防犯カメラ設置の意味を解説します。

スポンサードサーチ

防犯カメラ設置による犯罪減少の可能性

いろいろ情報を収集すれば、日本だけでなく世界規模で、防犯カメラ設置のいい効果の報告があります。
防犯カメラ設置には犯罪抑止の可能性も充分考えることができます。それは、防犯カメラ設置の後と前とでの実際の犯罪データの推移からです。
犯人たちには防犯カメラがそこにあることを知れば、犯罪をおこすのはやめようという潜在的意識が働く可能性があります。

ただし、防犯カメラ設置で、犯罪ゼロの可能性までは見込むことができないでしょう。
しかしそれでも犯人たちは、防犯カメラを前にして思い留まるまでの効果があるまではデータからも明確なのです。

敢えて言えば防犯カメラ設置で犯罪抑止に繋げる可能性があるのは、計画的な犯罪に対してであり、突発的に行われる犯罪には、それほど防犯カメラは大きな効果を示さないとも言われています。
その情報は、私達にただ防犯カメラ設置をすれば安心だということではなく、防犯カメラ設置の後も更に防犯の意識を持たなければならないことを言っているのではないでしょうか。

防犯カメラの犯罪情報によれば、防犯カメラ設置をしても、犯人は場所を移動して犯罪をおこすだけではないのかという意見があります。しかし、敢えて犯人は防犯カメラ設置によってそこで犯罪を起こすのを控えた訳ですし、防犯カメラには、充分犯罪をあきらめさせる可能性があると言えることです。

犯人が移動してもそこに防犯カメラ設置があれば、また犯罪は回避出来るでしょうし、町会、自治体へと防犯カメラ設置の意識が芽生えて行けば、より犯罪抑止の可能性を高めることができます。

防犯カメラ設置の目的は犯罪抑止の可能性だけではない

更に情報収集すれば、防犯カメラ設置は犯罪抑止の可能性のためだけではないこともわかって来ます。それは、もし犯罪が起きてしまったとき、犯罪解決にも繋げることができる手段なのです。

防犯カメラ情報は、犯人逮捕の証拠の記録としても有効的に活用することができます。事実、過去犯罪には、防犯カメラ設置が貢献したケースはいくらでも見つけることができます。

防犯カメラ設置は、このような考え方をすれば、治安にかなり貢献していると考えることができます。

スポンサードサーチ

防犯カメラの収集する情報による効果

防犯カメラ設置は、抑止力を持たせるだけでなく、犯罪解決へ繋がる情報・証拠を提供するための有効的手段です。
それを可能にするため、みなさんが防犯カメラを設置することを決めたのなら効果的な設置について考えていかなければなりません。
防犯カメラ設置は、敢えてわからないようにするのではなく、しっかり犯人に防犯カメラ設置していることを知らせる必要があるでしょう。
黙ってこそっと撮ってやろうという姿勢の人たちもひょっとしたらいるかもしれませんが、それでは、抑止力という効果はあまりもたらされないのでは。

防犯カメラを設置するからには、私は防犯の意識が高いこと犯人に知らせる必要があり、いつでも情報・証拠を知らせることができることを教える必要があります。自分が犯罪者の立場をちょっと考えただけでもそれは一目瞭然のことではないでしょうか。

また単純に防犯カメラを設置していることだけアピールするのでは、防犯の抑止をあまり発揮することができません。それは防犯カメラ設置を犯人に教えてしまえば、犯人は防犯カメラの死角に回ろうとする可能性も出てきてしまうからです。

ですから、私達は更に防犯カメラの情報を豊富に持ち、死角をどのように埋めて行けばいいのか考えていかなければなりません。
そのような意味では、より抑止の可能性を高めるために防犯カメラをいくつも設置して、お互いのカメラがお互いを監視しあうようにすることが、一番防犯カメラの死角を作り出しにくいと言われています。

抑止力としての可能性はありますが、防犯カメラはやはり撮影して情報を録画しなければ意味がないと考えるべきでしょう。

犯罪率をゼロできる可能性はあるか

防犯カメラの情報など収集していれば、逆に犯罪の可能性は決してゼロには出来ないので、しても仕方ないという考えが生まれてしまうかもしれません。

しかし、このあたりのことは問題はないのです。どれだけ私達が、防犯カメラで抑止し映像情報の収集によって犯罪の数を減らすことができるかが大事なのであって、そのような一人一人のモチベーションによって、犯罪のおきにくい国を作ることができるでしょう。それを一人一人がしなければ、全部を国任せにしていても犯罪はなかなか阻止出来ないのではないでしょうか。

犯罪は国がなんとかしてくれるものと思っている人たちもいるでしょうけど、犯罪とはそういうものでもないと思うのです。犯罪の可能性をより低くするためには、防犯カメラ設置を考え、どのような防犯カメラを設置するのかしっかり情報収集してみましょう。

設置場所と、防犯カメラの画質もしっかり拘りを持つべきです。 そのような防犯意識が地域の中に広がって、輪になって行くことができればいいですね。
そして、防犯カメラを設置している意識が、いつもみなさんが防犯を意識している気持ちにも繋がってくれることでしょう。

スポンサードサーチ

安易に防犯カメラを設置して大丈夫?

安易に防犯カメラを設置して、問題が出てきてしまう可能性についても考えてみましょう。 犯人逮捕情報には貢献してくるアイテムですが、注意をしなければならないのは、そこに映る人たちの映像の扱いかたです。

防犯カメラを設置すれば、個人情報を必然的に一杯抱えてしまうことになってしまうでしょう。 みなさんも既に知っているでしょうけど、個人情報とは、個人を特定することができる情報のことであり、個人の氏名、生年月日など知るの至ることができる情報です。
個人情報保護法に違反してしまうことで、 民法709条「損害賠償請求・慰謝料請求(不法行為など)」での論拠に基づき請求権を行使される可能性が出てきます。

防犯カメラで録画したものが、 ネットワークの不正侵入やパスワードの流出によって情報漏洩してしまうことによって、あなた自身に責任が及んでしまうことになります。
個人情報保護法の18条(取得に際しての利用目的の通知等)の項目によって、例えば、世間一般で認められているレベルのものであれば問題はならないですが、顔認証などのシステムレベルのものを実現する場合には、 利用目的が明らかであることが該当しない可能性も高いため、利用法をポスターなどで告知しておく必要も出てきます。

経済産業省が公表しているガイドラインQ&Aも情報として確認しておきましょう。 私達が防犯カメラを設置しようとする時何を注意しなければならないかといえば、防犯カメラ映像情報によって得る容姿によって、特定の個人を識別することができる可能性があれば、 個人情報の利用目的を本人に通知をしなければならないことです。
ただし、取得の状況からみて利用目的が明らかである場合は例外です。ですから、一般的防犯カメラ設置は、おおかた取得の状況からみて利用目的が明らかであるものと見なすことができるでしょう。 しかし、あるケースでは、防犯カメラを防犯抑止のために設置しているように見せかけて、向かいの家を監視しているために利用するということがあるかもしれないですよね。

防犯カメラ設置も、しっかり個人情報保護法で守られていることになります。このようなことを考えると、防犯カメラを安易にお店で購入して設置するというよりは、しっかり法律の情報など知っているプロに任せて設置したほうがいいかもしれないですよね。防犯カメラ設置の不安や疑問があれば、そのような人たちにいろいろ聞いてみましょう。

まとめ

防犯カメラ設置は、防犯抑止のためであり、犯人逮捕の情報を収集するためのものです。
防犯カメラ設置は、間違いなく防犯の可能性を減少させることができる手段です。
私達の治安は国が守ってくれるものと本当に安心しきっていても大丈夫でしょうか。国でも、出来ない防犯対策は一杯あります。
ですから、私達個人個人が意識的に防犯対策と向きあい、防犯カメラ設置などについて真剣に考えるべきなのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。