車の防犯対策に乗り遅れるな! 犯罪のターゲットにならないために

  1. 防犯対策
  2. 1 view

マイ自転車なら最悪家の中に保管して自転車を守ることができます。しかしマイカーにはそのような防犯対策は不可能です。
いま非常に車に対しての犯罪率が増加している中、みなさんはどのような対策を考えているでしょうか。
今回いろいろな車の防犯グッズを紹介しました。更に車の防犯対策でどのようなことを考えていかなければならないか再度確認してみましょう。

スポンサードサーチ

車の防犯対策は大丈夫?

とにかく、私達の街では、 車上荒らしや自動車盗といった車の犯罪が非常に高い率で起きています。最近の車はそれでもセキュリティー性能に優れているから、何もしないでも大丈夫なんて思っている人たちもいるかもしれません。

実際にはそんなことは全然なく、外に放置されている車って意外と無防備状態なのです。
車の犯罪はかなり慣れたベテランの犯人がしているので、窓を割るのも、カギをこじ開けるのもとても短時間で、スピーディーに犯罪が進行して行きます。
女性たちは自分の車に対して、何か防犯対策をしなければならないと考えているかもしれません。しかし、考えることはあっても結局何もしていなかったということが非常に多いのでは。車の防犯対策に一歩踏み込んだ目を持つ必要があるのではないでしょうか。

こんな車の防犯グッズに注目してみよう

とにかく女性たちもマイカーに対して、何か防犯対策をする意識で向きあってみましょう。いま、車の防犯グッズは、いろいろ販売されているので、どのような種類があるのかここでちょっとだけ紹介しましょう。

車の防犯:警報機

まず、みなさんにおすすめしたい車の防犯グッズは、警報機です。やっぱりこんなオーソドックスなものが、女性も理解しやすいですし、犯人に対しても警告しやすいでしょう。

犯人がガラスの破壊やこじ開けと言った車に対して振動を与えた場合には、 大きな音や光を発します。車が危険に晒されている状態を周囲の人たちに知らせてくれるでしょう。
犯人も最後まで犯罪を決行することは不可能ですし、ここに、「アラーム注意」と言ったステッカーを貼っておけば、犯罪抑止に繋げることができます。

犯人だって、ステッカーが貼ってあるものと貼っていない車があれば、貼っていない方を選択しようという姿勢を持つでしょう。

車の防犯:車載カメラ

更に、女性たちは、車載カメラを搭載することまで車の防犯対策として考えているようですね。車載カメラを搭載しておくことで、犯罪が起きた時、犯人を特定しやすくすることができます。
更に犯罪抑止のために有効活用することができます。結果犯人は、車載カメラのないものを狙うことになるので、周囲の人たちが車載カメラをつけているというのなら、つけていないあなたの車が狙われることになるかもしれません。
そのような意味でもそろそろ全員が車載カメラという意識を持つべきなのかもしれないですよね。

犯罪抑止という言葉をよく聞きますが、犯罪抑止は、ある意味、防犯対策をしていない車において犯罪をおこさせる率を高めるだけのことであり、周囲が犯罪抑止のために何かしら対策を取っているとすれば、していないあなたの車がより以上格好の餌食となってしまうことは肝に銘じておく必要があるでしょう。

犯人たちは、まだどの車も完全な防犯対策がされているとは思っていません。リスクを減らすためにあなた自身が車載カメラをつけようという意思を持つ必要があります。
最近では、 ドライブレコーダーと監視カメラの両方の機能を持っている「駐車監視機能付きドライブレコーダー」というアイテムもあるので、防犯対策に有効的に活かせるのではないでしょうか。
駐車監視機能付きドライブレコーダーなら、運転している時に事故の状況をチェックし、エンジンをかけていない車に対しても録画をしマイカーをしっかり犯罪から守ってくれます。
この場合でも、「カメラ起動中」というステッカーを貼って、犯罪抑止を高めるよう心掛けてください。

車の防犯:タイヤロック ハンドルロック 盗難防止ネジ

更に「タイヤロック」と「ハンドルロック」と言った防犯グッズは、 自動車盗や部品狙いに大いに効果を期待することができます。
ロックをいちいちつけたり外したりというのは面倒くさいと思うかもしれませんが、まさに重厚なロックこそが、セキュリティー対策をしていることをしっかりアピールすることができます。 複製が難しいディンプルキー付きのアイテムなど選択することで、より防犯性能を高めることができます。

車に対しては、車がそのまま盗まれてしまう事件も起きていますが、日常頻繁に起きているのは、部品狙いであり、ナンバープレートの盗難と言ったものです。
なんで、ナンバープレートの盗難が頻繁に起きているのかと言えば、ナンバープレートが盗まれて、盗難車に取り付けし、悪用されてしまう確率が非常に高いからです。あなたのナンバープレートが、大犯罪を手助けしてしまっている可能性もあり、非常にいい気分ではありませんよね。なんとしても、自分の車からは、ナンバープレートが外されてしまわないように注意する必要があります。
そのために盗難防止ネジのような防犯対策を心掛けるようにしてください。ナンバープレートに対しての防犯対策は、車泥棒に対しての抑止にもすることができます。

そもそも、車まるごと盗もうとしている犯人は、足がついてしまうことを警戒して、一番最初にナンバープレートを外そうとすると言います。そのとき、ナンバープレートがなかなか外すことができない車は、かなりリスクの高い車だと認識するでしょう。

車の防犯:防犯フィルム

防犯フイルムも、防犯グッズとして捉えることができます。実際には車は、緊急脱出や人命救助に効率性を考え、 フロントガラス以外は先の尖ったハンマーなどを使い結構簡単に割れてしまうものです。そのような車に対して防犯フイルムを貼れば、窓を割れにくくすることができます。
しかし、割れにくくなってしまえば、 緊急脱出や人命救助に効率性を失ってしまうことになります。更に、前席のガラスは可視光線透過率70%以上でないと車検不適合ともなってしまうでしょう。
防犯フイルムまで、防犯対策グッズに入れることは出来ますが、緊急避難はすることができるか、可視光線透過率に問題は出てこないかの点を注意しておこなう必要があります。

スポンサードサーチ

車の防犯対策で意識しなければならないこと

車が犯罪に遭遇してしまわないように、いろいろ出来る対策・配慮ってあると思うのです。日々、防犯対策としてこのような意識を持つだけでも、充分犯罪率を低下させることができます。

例えば、車から離れるときに、車の中に荷物を置いておけば安心という意識を持たないで、車の中は、基本何も置かないという意識を持つようにしましょう。車の中の荷物は犯人に犯罪をアピールしているようなものと言っていいでしょう。 財布や貴金属、クレジットカードはしっかり管理しているから大丈夫ということではなく、例えば電動工具類や釣り具と言ったものも格好のターゲットです。
趣味や仕事で、そのようなものを車につむ人たちは、結構大胆に積んでいるケースが目立ちますよね。それも一緒に連れて外へ出るのか難しいことかもしれませんが、そのようなものをゴチャゴチャ積んでいるだけで、犯罪率は高くなるということは理解しておきましょう。
たった一枚のCDが外から見えているだけでも、車の犯罪は実際に起きています。車の中に、モノがあることをわからせてしまうことは、犯人に犯罪意欲をわかせてしまうのかもしれないですよね。

まとめ

電動工具類、釣り具が車の中にあるのは仕方ないだろうというかもしれません。しかし、防犯対策としてはそのようなことについても語る必要があり、知れば、車には出来る限りモノを置かない意識を高めることができるのではないでしょうか。
いま、女性の人たちがしなければならないのは、マイカーを守る防犯意識です。他の車は、防犯グッズを使い、犯罪抑止につとめているのかもしれませんが、そうすれば、犯人は、何も対策をしていないあなたの車を狙うだけです。一人一人が、マイカーを守る意識を持つ必要があ

関連記事

【ご用心】無視が一番!露出狂の防犯対策!

先日、暑かったからと女性が駅前で服を脱ぎ、下着姿になり公然わいせつの疑いで逮捕されるといったニュースがありました。しかし、このニュースは世間で、下着姿がはたして公然わいせ…

  • 140 view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。