賃貸でも防犯対策! 補助錠が犯罪率を低下させるって本当のところどうなの?

  1. 防犯対策

防犯対策のために補助錠をつけようと思っている女性の人たちも多いでしょう。補助錠を取り付けることで、見た目にも犯罪を抑止出来る効果があります。何かをしなければならないと思うものの、結果何もしなかったということがないように、そろそろ具体的にアクションを起こすべきでしょう。いま、してないことを一つ増やしすることが女性たちの防犯対策です。
賃貸マンションに住んでいてなかなか鍵をいじることが出来ない人たちにとって「補助錠」はかなり有効的な発想なのです。

侵入窃盗の犯罪率が高い問題

最近のニュースでもいろいろな犯罪事件の報道がありますが、それを見て女性たちは何を感じているのでしょうか。あまりにも事件が多すぎて、犯罪に慣れてしまったということは決してあってはならないことです。
今度は順番からしたらあなたの番なのかもしれないですよ。犯罪は決して人ごとという見方は正しくありません。

警視庁の発表では、平成28年の東京都内での「侵入窃盗認知件数」は5,230件という犯罪率です。
侵入窃盗犯罪の手口として一番多いのは、金品を盗む「空き巣」で2,171件です。空き巣の犯罪を私達が許さないモチベーションを持つことができれば、窃盗被害のうち41.5のパーセンテージを阻止することができるでしょう。
女性たちは、最近特に物騒だから防犯対策を強化したいという声が出てきて当然なのではないでしょうか。
もう少しデータを利用すれば、住宅の被害が、全体の56.8%ということです。ですから、外出している時など、しっかり玄関の施錠を意識することは当然であり、今までしている戸締まりや施錠ではいささか不安も残ってしまうでしょう。

補助鍵を使って1ドア2ロックにすれば防げる犯罪もある

そこで警察も推奨している方法が、【1ドア2ロック】の防犯対策であり、玄関に【補助錠】を取り付けることです。
1ドア2ロックで、1つのドアに対して2つもロックがかかっていることが犯人にわかれば、「この家はかなり防犯意識が強いからなかなか手強い」とか、「侵入するのにはちょっと時間がかかりそう……」ということを思わせることができます。

犯人が侵入するのに比較してリスクが高いと判断したら結果、侵入をあきらめるかもしれません。ですから、補助錠は、犯罪抑止にもしっかり貢献してくれることになります。
1ドア2ロックのドアにすることで、実際に犯罪がおこされても、ピッキングされにくい構造にすることができます。

防犯のために補助錠を取り付けたい

賃貸マンションなど住んでいるとやっぱり工事ということに躊躇して、なかなか防犯対策に踏み切ることができないことがあります。しかし躊躇しているあいだに空き巣に入られてしまうということが起こるかもしれません。

一人暮らしをしている女性の方々は、特に工事不要で取り付けるすることができる補助錠にはどのようなタイプがあるかということをしっかり知る必要があります。

スポンサードサーチ

賃貸マンションに補助錠をつけたい

いままさに防犯対策のために賃貸マンションに住んでいる方々が補助錠を取り付けたいと思っている頃ではないでしょうか。

そのときまずは、 オーナー様(大家さん)または不動産屋さんに、補助錠をつけていいか、取り付けの許可を得る必要があります。 分譲マンションに住んでいるという時でも防犯対策に補助錠をつける時、 玄関ドアは共用部分となりますので事前に管理組合の許可を得る必要が出てきます。
賃貸マンションの場合、残念ながら穴あけ工事での補助錠取り付けは許可されないケースがほとんどです。中には、このような犯罪率の高い世の中なので、自費ならなんとかOKという場合もあるようですが。
しかし、戸建ての持ち家の人たち以外は、 管理を行う会社か、大家さんに相談することを先決に考えていかなければなりません。注意しなければならないのは、補助錠を選択し、工事は不要と記載されてあるものの、 取り付けがネジでネジ穴が開いてしまうモノもあります。

それでも、賃貸マンションの中では、不可としている規約のところがあるので、防犯対策は契約書をしっかり確認してからということになります。これから賃貸マンションに住むということがあれば、このようなことも踏まえて、あらかじめ確認しておくといいですよね。
またもしも補助錠をつけていいということになれば、工事の際には騒音も出てしまうので近所の方々に迷惑をかけない時間帯で行うような配慮をするようにしてください。事前、工事をすることを知らせるといいでしょう。

補助錠で出来る防犯対策

工事なしで取り付ける出来る補助錠って、ちょっと安易過ぎて犯罪にはそれほどいい効果がないと思ってしまうかもしれませんが、補助錠を取り付けるちょっとした配慮で大きく変わると言っていいでしょう。

何よりもその配慮によって犯人は犯罪をおこすのに時間がかかってしまうから、補助錠をつけていない家を狙おうというモチベーションが起こります。
実際に犯人が補助錠をつけている家に入ろうと思っても、補助錠があるからいつも以上、侵入するのに時間がかかってその姿が周囲の人たちに目撃されて逮捕ということになってしまうでしょう。ちょっとチープな感じに見える補助錠も犯罪低減にはかなり効果は期待出来ると言っていいでしょう。

補助錠をつけることで、ピッキング、サムターン回し、カム送り解錠、ドア破壊と言った犯人の様々な手口を防ぐことができます。 これらは空き巣の中でも最も多い手口です。
ピッキングは鍵穴に細い特殊な工具を入れ鍵を開ける手口を言いますが、補助錠によって、ピッキングしなければならない鍵がもう一個増えてしまうことになります。
サムターン回しは特殊な工具を使用しドアに穴をあけたり、隙間を狙って内側からツマミを回す犯罪手口です。補助錠の中には、サムターン回しがされにくいタイプのものも販売されています。

スポンサードサーチ

まとめ

賃貸マンションに住んでいる方々にとっての大きなネックは、工事がなかなか出来ないことです。それでも工事のが必要のない補助錠ならかろうじて防犯対策をすることができます。そのようなものでも、結構犯罪に対して大きな効果をもたらすことができます。
それほど高くない補助錠でも、女性たちに大きな安心感ももたらされることでしょう。一人暮らしの女性たちに結構、補助錠は犯罪率低下の期待値が大きいアイテムです。

関連記事

防犯カメラと施錠から始まる防犯対策

女性がマンションなどで一人暮らしを始める時、もっとも防犯意識が高まっているのが「部屋探し」の時と言われています。しかし、部屋探しの時点で、自身が考える防犯対策が採…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。