マンションの駐輪場で防犯カメラが死角を監視!【証拠能力】と【抑止】の関係

  1. 未分類

みなさんは自転車をどこに停めていらっしゃるでしょうか。大事な自転車だからこそ、駐輪場がマズいから室内に保管という人もいるようですね。
しかし状況が許さずやむなくマンションの駐輪場にという人たちもいます。私達が注意をしなければならないのは、結構駐輪場って防犯に無防備であることです。やはり防犯カメラの意識あたりは必要なのではないでしょうか。今回マンション駐輪場の防犯に目を向けてみましょう。

自転車を駐輪場に置くのは危険が一杯

マンションにある駐輪場といえばマンションの敷地の中なので、本来マンションの住民しか入らない場所です。
このように考えると充分何も起こらないで安心出来る場所と考えてもいいのですが、実際には、マンションの駐輪場程度の場所は犯罪を起こそうと思っている犯人にとって格好なおかまいなしの場所と言っていいでしょう。 マンションの駐輪場には多くの死角もあり、死角は犯人が犯罪を起こすのに好都合なスポットです。
マンションの駐輪場は敷地内だから安全ということには全くならないのです。 そのような犯罪の自由性のある場所で、犯人は何度も下見に来たりもし、高級自転車狙いをし、何時頃にその自転車があるのか、どのようなロックを使用しているのか、何時頃なら人と遭遇をしないで済むのむか、念入りにチェックをしていたりします。

いろいろ自転車犯罪の瞬間を捉えた動画が公開されることがありますが、犯人たちはほとんど堂々と自転車泥棒をしている感じですね。
犯人たちは自分の狙った自転車をロックのかかったまままず、人気の少ない場所へと移動させます。そして、そこで時間をかけてロックを解除します。
こんな光景が夜中に展開されていると思えば、昼間にだって堂々と行われています。
このような犯罪は、そもそも絶対に許してはならないものではないでしょうか。このまま防犯対策がおろそかであれば、犯罪を起こそうと思っていない学生さんたちでも、安易に自転車を盗んでやろうという気持ちが起きてしまうかもしれません。

自転車泥棒の罪

もちろん、自転車を盗むのは、窃盗に該当する犯罪であり、 刑法235条によって、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に裁かれることになります。
しかし、結構、自転車泥棒って、それほど重い罪でないという認識を持っている人も多いみたいです。ですから、それほど罪の意識を持っていない人たちでも初犯をおかし、初犯なら許される程度の甘い気持ちを持っていたりしまう。こんな気持ちの人たちがいるなら、犯罪なんてなかなか軽減させることができるはずはありませんよね。いわば周囲にいる人たち全員が犯罪をおこす可能性のある人たちなのですから。

逆に言えば、それは「安易にそんな場所に自転車を放置しているから盗めと言っているようなものじゃないか」と言われているようで、更に「あなたが放置しているから私は犯罪者になってしまった……」とも言われているようです。
もちろん初犯だから許されるということではなく、自転車泥棒も最近では対応は相当厳しく、今後就職する時、結婚する時に、海外に渡航するとき罪がネックになり、そのときまじまじと後悔してしまうことになるでしょう。
もちろん、自転車泥棒という犯罪をおかしてはならないですが、犯罪をさせない防犯対策もマンションに住む人たちにとって大事です。窃盗とは、しない・させない意識によって、確実な防犯対策が出来るのかもしれません。

スポンサードサーチ

私達に出来る駐輪場の防犯対策とは

マンションの駐輪場は、非常に危険な場所という認識を持つことができれば、何かしら私達にも出来ることがあるかもということを考えるのではないでしょうか。
みなさんが高級自転車に乗っているのなら、なおさら防犯対策をしっかりおこなってください。出来れば、駐輪場に自転車を置かないで、室内保管というのがいいでしょう。それが面倒くさいかもしれませんが一番確実な方法です。
どうしてもそれが無理というのなら、 フレームと自転車置き場のポールなどと繋いで、地球ロックをしましょう。

自転車の鍵についても、市販で販売されているような鍵はほとんどすぐに切れてしまうので、 U字ロックを宙に浮かせたフレームと、地面にあるポールに繋げば、かなり理想に近いでしょう。
それでも犯罪が起こる可能性はありますが、犯罪をおこすのに時間がかかってしまうので、相当抑止にすることができます。もしも、みなさんが地球ロックを意識しなければ、自転車は安易にそのままワゴン車に積み込まれて……ということになります。地球ロックを意識すれば、数十秒で移動されてしまうというリスクも回避出来るでしょう。

駐輪場に防犯カメラは必要?

まさに防犯としてカメラという対策意識は誰でもすぐに思いつくようになりました。 マンションの駐輪場も例外ではありません。
駐輪場でおこる自転車泥棒は、万引き程度気楽な動機でおこす人たちが多いため、なおさら防犯カメラは結構有効的に活躍します。犯罪データからしても、結構自転車泥棒は、プロによる犯罪が少ないとも言われています。防犯カメラが、自転車の犯罪を抑止することも出来、犯罪をおかしている人を逮捕にも繋げることができます。
防犯カメラは、実際には自転車泥棒の犯罪だけでなく、例えば、駅前駐輪が有料化されてしまったため、マンションの駐輪場に駐輪させるふとどきものを野放しにさせない効果も発揮してくれます。どうもいつもマンションの駐輪場が一杯というのは、外部の人間が安易に自転車を駐輪させているからだったりします。

駐輪場のトラブルって、実際に自転車泥棒だけでなく、 騒音問題もおきています。マンションの駐輪場は、みんなの場所だから騒いでいいというモチベーションもどこかに起きてしまうかもしれません。
マンションの駐輪場の扱いに対して、しっかり契約で明文化してないケースも多く、多くの人たちが、実際に駐輪場にどう向きあっていいかわかてっいないこともあります。とにかく駐輪場に対して、みんなでルールを守ろうという意識ってとても希薄な感じがあります。
更に、夜中、若いカップルが、死角を狙っていかがわしい行為をしている可能性もあります。そのような行為をおこさせないための抑止にもすることができますよね。

スポンサードサーチ

防犯カメラが抑止になるため

段々と、マンションの駐輪場でも防犯カメラを設置しようという動きは高まっていると言っていいでしょう。しかし防犯カメラを設置しているものの、役立っているかしっかりチェックすることも大事です。防犯カメラはただ設置すればそれでOKというものではありません。

防犯カメラの何をチェックしなければならないかといえば、犯罪抑止の効果を持たせることができているかです。
相手に撮影されていることを気付かせることによって、犯罪の起こりにくいマンションにすることができます。そして防犯カメラに期待したいのは、証拠能力です。
そのとき、防犯カメラに大事なのは、証拠能力だけと考えてしまうと、防犯カメラの設置の方法を間違えてしまうかもしれません。証拠能力を重視するのなら、実際に防犯カメラがそれを100%してくれる訳ではありません。マンションの防犯カメラも必ず死角を生んでしまうでしょう。ですから、防犯カメラ設置に大事なのは、防犯カメラによって、犯罪を抑止するほうなのです。

例えば、子供さんが駐輪場で自転車にイタズラをしている映像が録画されている可能性もあるかもしれません。そのとき、お母さんは悪さをした子供さんを教育して叱る必要がありますが、それと同時に子供さんには、そこには防犯カメラがあるという教育をしなければならないでしょう。
なんで、子供さんがそのようなイタズラをしてしまったのかといえば、防犯カメラの存在に気付いていないからです。
マンションでは、美観に配慮して防犯カメラを隠すケースがあります。それではなかなか上手く防犯対策をすることができません。

まとめ

いまいろいろなマンションの駐輪場のトラブルを阻止してくれるのは、防犯カメラなのです。いろいろなシーンで防犯カメラが活躍していますが、現在でもマンションの駐輪場は死角になっていないでしょうか。
そろそろマンションの駐輪場にも防犯カメラの設置が必要ではないでしょうか。真剣にマンション住人全員で考えてみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。