注目の記事 PICK UP!

盗撮犯が後日逮捕されることもある? 盗撮の現状とその対策

女性を狙う卑劣な犯罪が増えるなか、スマートフォンの普及により盗撮も増えてきています。一般的に盗撮を含む女性を狙った犯罪は現行犯逮捕が基本だと考えられていますが、実際の所はどうなのでしょうか。今回は盗撮の現状と後日逮捕のケースはあるのか。そして盗撮の防犯対策についてもご紹介していきます。

そもそも盗撮ってどんな罪?

盗撮とは人の衣服で隠されている下着又は身体、そして他人の住居、浴場、便所、更衣場など人が通常衣服をつけないでいるような場所を、カメラやその他の機器で人にばれないようにこっそりと撮影することをいいます。

盗撮すると通常は各都道府県の迷惑防止条例などの条例と、軽犯罪法によって裁かれます。例えば東京都の迷惑防止条例と軽犯罪法には次のようにあります。

盗撮に関する東京都迷惑防止条例の文

(粗暴行為(ぐれん隊行為等)の禁止
第5条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安をおぼえさせるような行為であって、次に掲げるものをしてはならない。
(2)次のいずれかに掲げる場所又は乗物における人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること。
イ) 住居、便所、浴場、更衣室その他人が通常衣服の全部又は一部を着けない状態でいるような場所
ロ) 公共の場所、公共の乗物、学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の者が利用し、又は出入りする場所又は乗物(イに該当するものを除く。)

盗撮に関する軽犯罪法の文

(1) 左の各号の一に該当するものは、これを拘留又は科料に処する。
二十三 正当な理由がなくて人の住居、浴場、更衣場、便所その他人が通常衣服をつけないでいるような場所をひそかにのぞき見た者

また盗撮の状況によって軽犯罪法が適用になった場合には、刑法130条の住居侵入罪・建造物侵入罪にも問われるケースがほとんどで決して軽い罪とはなりません。

盗撮の認知件数と事件の実例

実際に盗撮が起きている件数は、まず全国を見ると少し古いデータになりますが平成26年を見ていきます。平成26年の迷惑防止条例などの違反について、各都道府県警察において下着等の撮影又は通常衣服をつけない場所における盗撮として判断した者の検挙数は3,265件でした。

また、東京都だけでみると迷惑防止条例違反での盗撮の件数は平成27年684件、平成28年619件、そして平成29年は676件となっています。東京都だけでも1日に1件以上の盗撮事件が起きているということになります。

実際にあった盗撮事件

ここからは実際にどのような盗撮事件があったか、様々なケースをご紹介していきます。

① 群馬県で起きた事件。
女子高性生のスカート内にスマートフォンを入れたとして54歳の無職の男が逮捕されました。男は「下着が見たかった」と容疑を認めています。男は夕方午後4時頃、大型商業施設のエスカレーターで被害に遭った女子高生の背後からスカート内にスマートフォンを入れて撮影。その際被害女性と一緒に居た友人に見つかり大声で問い詰められました。男はすぐに逃げましたが約30メートル走った所で転倒し、周囲の警備員や買い物客によって取り押さえられ、駆け付けた警官によって現行犯逮捕されました。

② 温泉施設で起きた事件。
盗撮目的で温泉旅館の男女混浴の浴室に侵入したとして48歳の男が逮捕されました。男は午前11時頃に男女混浴の浴室に侵入し、湯船に入らずに通路で座っているところを別の男性客に声をかけられてタオルに小型カメラを隠しているのを見つかり、駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。男は容疑を認めています。

③ 公園の女子トイレで起きた事件。
トイレを使用していた4歳の女の子を携帯電話で撮影したとして36歳の男が逮捕されました。男は午後1時頃公園の女子トイレに侵入し女の子を撮影していた所、女の子の様子を確認しにきた母親に見つかり取り押さえされました。その後駆け付けた警官に現行犯逮捕されました。男は容疑を認めています。

盗撮って後日逮捕されるケースってあるの?

一般的に盗撮などの犯罪は現行犯逮捕が基本と言われています。上で紹介したいずれの盗撮事件も犯人は現行犯逮捕されました。しかし状況によっては、盗撮はもちろん女性が狙われる事件において後日に逮捕されるケースはあります。ただしそう多くはなく、とても少ない例となっているのが現状です。

後日逮捕されるケースの条件

盗撮事件について後日逮捕されるケースの条件は1つ、証拠があるかないかで決まります。逮捕というのはそもそも犯罪を行った疑惑のある人(被疑者)が証拠隠滅や逃亡の可能性がある場合に行われ、隠滅の恐れがある証拠そのものがなければ逮捕はされません。現状盗撮というのは証拠が残りにくい犯罪と言えます。

実際に盗撮をしても被害者が気づかない場合もありますし、犯行が見つかってその場から逃げてしまいその後に取った画像や動画を削除してしまえばわかりません。しかし第三者の目撃証言がある場合や、防犯カメラの映像など犯人と犯行が特定できれば後日逮捕されるケースもあります。

盗撮事件について実際に後日逮捕されたケース

① エステ店の店長の男が逮捕された事件。
男はエステ店の施術室内にスマートフォンを仕込んで10代から20代の女性4人の施術していた様子を盗撮しました。女性客の1人が警察署に「スマートフォンで盗撮された」と相談して事件が発覚。その後余罪が芋ずる式に発覚して被害の相談から約1か月後に逮捕されました。

② 駅の自動販売機前での盗撮事件。
逮捕された男は女性のスカート内にスマートフォンを入れて盗撮。その場で被害者に見つかってしまいましたが、その時は証拠が不十分で盗撮したかどうが明らかにならずに釈放。しかし後日警察に呼び出されて逮捕されました。このケースは事件発生から2か月後に逮捕されました。

③ 事件発生から5か月後に逮捕されたケース。
被疑者である男は盗撮を疑われて女性に呼び止められます。その後警察も来て騒ぎになり警察にカメラを提出。そのカメラから過去の盗撮の映像が2件浮上して、5か月後に逮捕されます。発生から5か月後というのは後日逮捕の中でも長い期間の後に逮捕された事件だったと言えるでしょう。

以上少ないですが、盗撮事件にも実際に後日逮捕のケースはあります。さらにコンビニなどの防犯カメラがある場所での盗撮事件は、比較的に後日になっても逮捕されるケースが多くあるようです。

盗撮の防犯対策

最後に盗撮の防犯対策についてですが、やはり1番は盗撮されない服装をすることです。ミニスカートやタンクトップ1枚などの薄着の場合、盗撮されやすくなります。出来るだけ肌の露出を抑えた服装にしましょう。また普段からの防犯意識が大切です。公衆トイレや店のトイレや浴場の更衣室などを利用するときはカメラなどが無いかチェックすることが大切になります。

まとめ

盗撮は女性の知らぬうちに撮影するという本当に卑劣な犯罪です。しかも証拠が残りづらくその場での現行犯逮捕が大事になりますので、もし万が一盗撮に遭ってしまったら周りの人などの協力を求めましょう。そしてすぐに警察を呼び、なるべくその場で多くの証拠を集めることが大切です。

関連記事

  1. 密室での犯罪に要注意!エレベーター利用時の防犯対策

  2. 犯罪被害にあったら防犯カメラは証拠になるのか?

  3. 【お盆真っ只中】帰省時のツールである新幹線での防犯対策!!

  4. 【侵入窃盗を防げ】窃盗の手口と対策を知って窃盗被害を防ごう!

  5. お花見でのトラブルから身を守る! 気をつけたい防犯対策

  6. 不審者対策ヘッダー画像

    【注意】慣れはじめが怖い! 見極めたい不審者の特徴!!

  7. 性被害によって妊娠した母親の選択。予期せぬ被害に直面したときにするべき対策とは。

  8. 特殊詐欺の認知件数はどうなってるの?年金支給日だからこそ気をつけたい○○対策とは

  9. 【不審者対応マニュアル】マニュアルを知って不審者を遠ざけよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP