こんなお返しには要注意? ホワイトデーに潜むストーカー被害

  1. 防犯対策
  2. 3 view

3月14日はホワイトデーです。女性にとってはバレンタインのお返しが楽しみな日でもありますよね。本命の男性や彼氏、旦那さんからのお返しは本当に楽しみです。しかし義理であげた人からのお返しには気をつけることがあります。今回はホワイトデーと気を付けるべきお返し、その対策についてご紹介していきます。

スポンサードサーチ

そもそもホワイトデーの由来って?

ホワイトデーの由来の前にバレンタインデーの由来に触れておきます。バレンタインデーとはもともとイタリアのローマでキリスト教の司祭であった人の名前です。3世紀当時の皇帝クラウディウス2世は兵士達の戦意に支障をきたすと若者の結婚を禁止していました。そんな若者を哀れに思ったバレンタインは、結婚したいと願う若者を密かに結婚させていました。

それを知ったクラウディウス皇帝はバレンタインに対しローマ国教への改宗を迫りましたがバレンタインはそれを拒否。そのためバレンタインは投獄され2月14日に処刑されてしまいます。時は過ぎ200年後のローマで毎年2月14日に未婚の女性たちの名前が書かれた紙を集め翌日に未婚の男性がその紙を引き、引いた紙に書かれた女性と付き合うといったお祭りが開催されていました。

この祭りが風紀を乱すとしてキリスト教はこの祭りを廃止し、キリスト教の聖人を奉る行事と定めます。その聖人に選ばれたのが200年前に若者のために命を落としたバレンタインでした。それ以降2月14日はキリスト教では恋人たちがギフトカードを贈りあう日として定着しました。

日本で最初にバレンタインが広まったのは1936年神戸のモロゾフ洋菓子店が英字雑誌にバレンタインチョコの広告を出したのが始まりとされています。しかしその当時は流行りませんでした。本格的に広まったのは1958年メリーチョコレートの営業主任がキャンペーンを行った事をきっかけに1970年頃からデパートやその他の製菓会社、流通業界などが加わり宣伝やキャンペーンを繰り返した結果だと言われています。

ホワイトデーの由来はバレンタインの殉教から1か月後に男女が改めて永遠の愛を誓ったという説や、ただ単にバレンタインのお返しの日として菓子業界が経営戦力として作ったと言われています。ちなみに日本ではホワイトデーを3月14日に定めた理由は日本で初めて飴が作られた日であるという説や、バレンタインデーを終えた菓子業界を多忙にさせないためだという説があります。

ホワイトデーからストーカーがスタート?

女性が男性にチョコをあげるバレンタインデーですが、日本では義理チョコという習慣もあり恋愛感情はなくても普段お世話になっている人などにチョコをあげます。この義理チョコが思わぬ勘違いを生むことがあるのです。例えば気になっている女性から義理チョコをもらった男性が本命チョコだと勘違いをしてしまうケースです。

勘違いした男性はホワイトデーに高価なお返しを女性にプレゼントします。女性はそれを安易に受け取ってしまい後日恋愛感情はないと伝えても相手の男性は傷つきますし、そのプレゼント自体を受け取らなかったとしても男性のプライドが傷ついてしまい、その後ストーカーとなってしますケースがあるのです。

実際に会社の人に義理チョコを配ったらホワイトデーに1人から呼び出されて告白され、丁重に断るとお返しだけでももらってと、自分が舐めている飴を無理やり口移ししようとしてきた例もあります。

スポンサードサーチ

こんなお返しには気を付けよう

気を付けたいホワイトデーのお返しをいくつか紹介しておきます。

アクセサリー

義理チョコをあげてホワイトデーにアクセサリーが返ってきたら普通に困惑しますよね。得したと思ってもらってしまう場合もありますが、あとの事を考えるとなるべく受け取らない方がいいでしょう。

高価な財布やカバン

義理チョコをあげてそのお返しに高価な財布やカバンが出てきたら、それはもう色んな意味で下心があると思った方がいいです。

花束

特に薔薇の花束とかが出てきたら、勘違いされている可能性が高いので気をつけましょう。

ぬいぐるみ

これは一見大丈夫じゃないかと思われがちですが、盗聴器や盗撮用のCCDカメラが仕込まれている可能性が少なからずあるので気を付けたいです。

下着

気のない人に義理チョコをあげてそのお返しに下着をプレゼントされたら、ぶっちゃけ恐怖でしかありませんよね。十分に気を付けましょう。

ストーカーに遭わないための防犯対策

まずホワイトデーをきっかけにストーカー被害に遭わないための対策を紹介しておきます。

1.バレンタインデーにチョコをあげる時に、義理チョコだということを相手にしっかりとわからせる。
2.普段から男性に対しての振る舞いに気を付ける。
3.気がない男性とは心身共に一定の距離を置く。
4.会社の飲み会などでの気のない男性にはボディタッチや、その他男性に勘違いされるような言動を避ける。

次に一般的なストーカー遭わないための対策です。

1.交際相手と別れる時はなるべく相手のプライドを傷つけないようにして、良く話し丁寧に別れるようにする。
2.つきまといを防ぐためになるべく夜道は1人で歩かないようにする。
3.家への侵入を防ぐために自宅の玄関の外に防犯カメラを設置したり、窓などに防犯対策をしたりする。
4.在宅時には必ず鍵とチェーンをかける。インターホンを録画できるタイプにする。
5.自分の個人情報が記載された郵便物はシュレッダーにかけるなどして捨てる。

スポンサードサーチ

まとめ

ホワイトデーは基本的には女性にとって楽しみな日です。しかし油断をして安易に考えていると何かあった時にショックが大きかったり、対応が遅れてしまったりするので警戒心を持って行動し、安心安全な生活を送っていきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。