【実験】Twitterで国際ロマンス詐欺DMが来たので騙されてみた

  1. 体験レポート

皆さんは国際ロマンス詐欺というものをご存知ですか?

主に米軍やビジネスオーナーを装って恋愛感情を抱かせた後に、様々な理由をつけてお金を騙し取る詐欺の手口です。

FacebookやTwitterでのやり取りが発端となって被害に遭うケースが多く、Moly.jpでは以前もその対策をお伝えしました。

 

実は先日、僕の個人的なTwitterアカウントでこんな人物からフォローが来ました。

名前はElvis Davidで、アメリカ空軍大尉だと自己紹介しています。

ちなみにツイート内容はこんな感じです。

単語の誤用や文体が不一致な点から察するに、英語で書いた文章を翻訳機能を使って日本語に直してツイートしていると思われます。

この時点で僕は「国際ロマンス詐欺やな( ̄▽ ̄)」と分かっていたのですが、面白そうなので女性になりすまし、DMに返事をすることにしました。

今回は、その内容をご紹介いたします。

※記事執筆時にはこのアカウントは凍結されており、その影響で一部メッセージが飛んでしまっている部分があります。飛んでいる部分に関しては、覚えている限りの内容でお伝えします。

突然のDM

個人ブログの告知アカウントだったこともあり、フォローされたらすぐにフォローバックするようにしていたのですが、フォローバック後すぐにDMにメッセージが届きました。

以下、メッセージの日本語訳です。

●●●
Elvis David

こんにちは

●●●
ヤナイミカ

こんにちは

●●●
Elvis David

私はアメリカ空軍大尉です。このメディアを通じてあなたと出会えて嬉しいです。少し話をしたら、お互いのことを知ることができるでしょう。あなたのプライバシーに干渉するつもりはありません。私の名前はエルヴィス・デイヴィッドです。あなたの名前を教えてください。

●●●
ヤナイミカ

私はヤナイミカです。

ヤナイミカというのは、ただ思いついた適当な名前です。(アカウント名は全く違います)

素性を明かしてくる

お互いの挨拶が済んだところで、Davidはさらに自分の身上について紹介してきます。

●●●
Elvis David

ヤナイミカさん、出会えて嬉しいです。

●●●
Elvis David

返信をくれてありがとう。あなたからのメッセージを受け取ってとても嬉しかったし、Twitterを通してあなたとコンタクトを取れて幸せです。私は49歳で、私がアメリカ空軍に入隊する前に亡くなった両親の一人息子です。

●●●
ヤナイミカ

ありがとう。アメリカを守る仕事をしていると聞いて、とても勇敢な人だなと思いました。あなたの両親もあなたを誇りに思っているでしょうね。

一点注意書きですが、返信をするのが面倒だったので、基本的に全て日本語で考えた文章をgoogle翻訳で英訳したものをそのまま載せています。そのため、人称すらミスっている部分がありますが、大目にみてください。。。

お金について話し始める

ここの間のデイヴィットのテキストや写真が削除されていたのですが、おおよそ以下のような話をしていました。

●●●
Elvis David

私には17歳になる一人息子がいるのですが、私が現在シリアの部隊に配属されているため、彼とは離れて暮らしています。彼の母親、つまり私の妻は、彼が幼い頃に亡くなっています。あなたには子供がいますか?

●●●
ヤナイミカ

それを聞いて気の毒に思います。私は離婚して、現在は15歳の息子と二人で暮らしています。

●●●
Elvis David

シリアで軍事活動をしていると、敵のアジトを制圧した際に、彼らが軍資金として蓄えていたお金や宝石などが手に入ることがあります。その写真がこちらです。(札束を持った兵士の写真が送られてくる)

●●●
ヤナイミカ

最終的にそのお金は誰の手に渡るのですか?

お金の使い道が良くない!という話

敵を制圧して得たお金の流れについて説明してくれます。

●●●
Elvis David

反逆者たちは、女性や子供達が飢えて苦しんでいる間に、この資金を武器の購入に充てています。私たちはそのようなお宝(=軍資金)を見つけた時、代わりに慈善活動に使うべきだと考えています。私たちは、このお金が慈善活動に使用されることを知っているので、アメリカ政府に送っています。

●●●
ヤナイミカ

シリアのような紛争地域で見つけたお金はアメリカ政府を通じて慈善活動のために使用されていることがわかりました。1つ質問したいのですが、なぜ突然私とチャットをしようと思ったのですか?

ここで詐欺師にジャブを打ってみました。僕のアカウントは運営しているブログ名をそのまま書いているため、外から見たら性別は不明です。強いて言えば、プロフィール画像が漢字で書いてあるため、日本人だろうなと分かるくらい。それなのに、なぜ僕にメッセージを送ってきたのか聞いてみました。

「なんか信頼できそうだと強く感じたから」

なにやら急にスピリチュアルな雰囲気を出してきました。

●●●
Elvis David

あなたがとても信頼できる人だという、何か強いものを感じたからです。また、私は近々日本に投資をしようと思っているからです。

●●●
Elvis David

しかしながら、私たちがシリアの最前線で命がけで任務に当たっている間に、ここで得たお金は最終的に政府高官の私腹を肥やすだけになっていることを知りました。なので、最近では反逆者達が隠し持っていたお金を発見したら、我々兵士の間でのみ分配することにしたのです。そして、私の取り分として現在500万ドルを保有しています。

●●●
ヤナイミカ

ということは、あなたは日本に500万ドルを投資したいと考えているということでしょうか?具体的には、日本のどんなビジネスに投資したいと考えているのでしょうか?

僕にメッセージを送った理由としては、何か神秘的なものを感じたことと、漢字のプロフィール画像から日本人だと判断したことの2つが挙げられそうです。そんなノリで人を信頼してたら、シリアの戦線で生き残れるとは到底思えませんが。。。

ともあれ、保有している500万ドルで日本に投資をしたいということがわかりました。話は続きます。

二人だけの秘密だよ

なぜ投資の話を持ちかけてきたのか説明してくれています。

●●●
Elvis David

私があなただけにこの話をしているのは、これまでの会話であなたへの信頼が増したことや、私がシリアの戦線を退いた後に日本へ投資することに関心を持っているからです。そのため、私は保有しているこのお金を受け取ってくれて、このことを二人だけの機密事項にしておいてくれるような、信用に足る人物が日本に必要になります。人々に荷箱の中に金があることを知られてしまった時の私の仕事のリスクを忘れないでください。不動産に投資がしたいです。

あくまでも推測ですが、「〜リスクを忘れないでください」までの文章はテンプレートとしてあらかじめ準備してあり、僕が日本のどんなビジネスに投資したいか質問をしたので、最後に「不動産に投資がしたい」と添えてきたのではないでしょうか。そうでないと、自分のリスクを語る文章との温度感が違いすぎて変です。

そこで、僕はもう一発ジャブを打ちました。

臨機応変な対応を見せる

元々は慈善活動に使われると信じていたお金ですから、自分の投資に使うのはなんとなく引っかかりますよね。そこで以下の文を送りました。

●●●
ヤナイミカ

あなたは日本の不動産に投資したいと言っていましたが、元々は政府が慈善活動に寄付すると信じて、政府に託していたお金ですよね?もしそうであれば、あなたも日本の不動産ではなく、慈善活動に寄付すべきではないのですか?

これに対してのメッセージは消えてしまっていますが、こんな内容が返ってきました。

●●●
Elvis David

500万ドルのうち、25%は慈善活動に寄付を、また25%は日本でお世話になった方にあげて、残りの50%で投資をしようと思っています。そのため、まずはこのお金を誰にも知られることなく、日本に送る必要があります。

●●●
ヤナイミカ

では、私はどうやってあなたを助けたらいいですか?

●●●
ヤナイミカ

シリアに来て欲しいってこと?

お金を日本に送ります

さすがにシリアには来なくていいという返事と、お金を日本に送りますという内容が返ってきました。

●●●
Elvis David

いや、シリアには来なくていいです。

●●●
Elvis David

荷箱は開閉時にパスワードを必要とするもので、個人的なお金すべてがその中に入っています。そのため、日本に外交伝書使を通じて輸送します。

●●●
ヤナイミカ

荷箱が届いた後、何をすればいいですか?

diplomatic delivery agentとは、おそらくクーリエという外交伝書使のことです。彼らは「外交行嚢(がいこうこうのう)」という特別な袋でを使用することで、量や重さに制限なく機内持ち込みが可能になるうえ、税関もスルーできます。本来は機密文書を送る際などに用いられるものですが、今回は大金を送るためにこの仕組みを利用するということですね。もっともらしい輸送方法ですが、果たして空軍大尉がそれを利用して日本の一般人に荷箱を送りつけることができるのかは疑問です。

ひとまず、続きを見ていきましょう。

受け取ったら荷箱は捨てろ?

荷箱の扱いについて書かれています。

●●●
Elvis David

荷箱を受け取ったら、私からあなたにパスワードを送るので、荷箱を開けてください。

●●●
Elvis David

中のお金を全て取り除いて、荷箱は捨ててください。

なぜ荷箱を捨てなくてはならないのかわかりませんが、ひとまず見ていきましょう。

お金の扱い方と今後の流れについて教えてくれました。

●●●
Elvis David

お金の25%はあなた自身のものとして、残りの75%のうち、10万ドルでセキュリティのしっかりしたマンションの安全な部屋を購入して、そこに残りのお金全てと鍵を入れておいてください。

●●●
Elvis David

その家は私の名前で購入し、私が日本に到着したら、空港まで迎えに来てください。

●●●
Elvis David

その後、私の名義で購入した、お金が確保されている家まで連れて行ってください。

●●●
Elvis David

私が外交伝書使を選んだのは、荷箱が空港でスキャンされたりスクリーニングされたりしないので、中にお金が入っていることが誰もにも知られないようにシリアから日本まで輸送することができるからです。それゆえ外交伝書使は荷箱を安全に運ぶことができ、このお金に関する秘密は私とあなたの間だけで完結するのです。

先ほどのクーリエの説明をなぞったような文章ですね。基本的にクーリエは外交目的でしか使用できないので、この空軍大尉が私用で使えるとは思えませんが。。。

ひとまずここは理解したフリをして、必要なものを聞いてみましょう。

個人情報を聞き出してきた!

●●●
ヤナイミカ

荷箱を受け取った後の流れについて理解しました。何か準備するものはありますか?

●●●
Elvis David

よっしゃ

●●●
Elvis David

あなたの住所

●●●
Elvis David

電話番号

●●●
Elvis David

メールアドレス

●●●
Elvis David

あと、あなたのIDカードのコピーを送ってください

●●●
Elvis David

私のメールアドレスはこちらです

最初の”Yeah”がイラっと来ますね。これ以上はさすがに何もできないので、相手の本人確認を行うことにしました。

逃げられた?

●●●
ヤナイミカ

準備するものについて理解しました。

●●●
ヤナイミカ

ではまず、あなたが本当にアメリカ空軍に所属しているかどうかを確認するために、米軍IDカードを見せてください。また、本日の日付とあなたのTwitterのアカウント名を記載したメモを、あなたのIDカードと一緒に写真を撮ってください。

●●●
Elvis David

明日戻ってきます。

この会話を最後に、彼はアカウントを凍結されてしまいました。おそらく、他の人にも似たような内容の話を持ちかけていて、通報されたのでしょう。

ロマンス詐欺を見分けるポイント

今回のやり取りで気をつけるべきポイントや分かったことが何点かあるので、以下に書いていきます。

英語があまり上手ではない

基本的に英語が母国語ではない人がなりすましているため、文法がおかしかったり、文章が非常に長くなっていたりします。英語が理解できる場合は、なんとなく文章の違和感に気づくと思います。

ただし、中には非常に流暢な英語を操る詐欺師もいるようです。英語が上手いからという理由で信頼するのはやめましょう。

質問に答えてもそれに対する反応がないことがある

例えば今回のケースでは、「子供はいますか?」と聞かれたので「15歳になる子供がいる」と答えたのに、それに対する反応はありませんでした。彼らはあらかじめ送る内容のテンプレートが決まっているようです。なんとなく話が噛み合わないと思ったら注意しましょう。

序盤で同情を誘ってくる

同情を誘うことで、より親密な話をしやすくする狙いがあります。今回は1日でやりとりが終了してしまいましたが、国際ロマンス詐欺は基本的に長い時間をかけて騙してきます。今回の件も、相手がシリアから日本に来れるまで何日かかるのかは分かりませんでした。そのため、話が進めばいくらでも時間をかけて口説き落としてきたことでしょう。

ロマンス詐欺への対策

基本、知らない外国人からメッセージがきたら無視すること

当然といえば当然ですが、知らない人からのメッセージは基本的に疑ってかかりましょう。特に主婦の方や高齢の方は時間に余裕があるせいか、知らない人からのメッセージに返信してしまう人も多いようです。ただのチャットならまだしも、お金の絡む話が出てきたらすぐにブロックするくらいがちょうどいいと思います。

個人情報は絶対に明かさないこと

メッセージを送ってきている人が誰なのかは分かりません。住所・氏名・電話番号などの個人情報はもちろんですが、家族構成なども絶対に教えないようにしましょう。教えないと不都合があるケースが万が一あれば、独り身であることは絶対に悟られないようにしてください。相手がその個人情報で何を企んでいるのかは分かりません。例えば、最近ではアポ電強盗の被害も増えています。高齢者の単身世帯であることがバレてしまえば、アポ電強盗のターゲットにもなってしまいます。詐欺師はグループで行動していることが多く、情報も共有しています。特に注意しましょう。

怪しいなと感じたら送ってみるといいメッセージ

具体的な質問をする

今回の場合では、「日本のどんなビジネスに投資したいと思っているのですか?」という質問に対して、相手はその場しのぎの返事をしてきました。例えばここからさらに、「日本のどの地域の不動産に投資したいですか?」などを詳細に聞いていくと、相手は答えに詰まるでしょう。もし本当に日本の不動産に投資したいと思っているのなら、どのあたりの地価が高くて、どんな家が好まれているのかなどを知っているので、すぐに答えられるはずです。また、話が前に進まないと質問を無視してくる可能性があるので、しつこく聞いてみましょう。

英語で言うならば、

“What kind of xxx do you like?”

“What kind of xxx do you want to invest in?”

などがいいでしょう。また率直に疑問に思ったことについて、

”Please tell me specifically”(具体的に教えてください)

と送ると、相手は答えを濁したり、話題を変えてくるはずです。

詐欺の疑いがあれば参考にしたいサイト

ストップ!国際ロマンス詐欺
こちらはNPO法人M-STEPが運営している国際ロマンス詐欺対策のサイトです。

怪しいと思ったらこのサイトをみて、これまで報告されている事例を確認してみましょう。

事例を報告するだけでも誰かの被害を防ぐことに繋がりますので、詐欺の疑いがあれば連絡してみましょう。

まとめ

今回は実験としてDMでのやりとりを続けましたが、みなさんができる基本的な対策は、「知らない人から突然連絡がきたら無視すること」です。興味本位で話を進めていくと、いつの間にか自分の個人情報を小出しにしてしまっていることもあります。十分に気をつけてください。また、最後にご紹介した国際ロマンス詐欺対策のサイトに連絡をして、相手の手口を共有することで誰かを助けることに繋がります。ぜひ、協力して被害を防いでいきましょう。

 

女性のための完全防犯マニュアル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。