万引き被害等に悩む店舗経営者へ!防犯カメラ運用のポイントをご紹介

  1. 防犯対策

店舗経営者の方が、防犯カメラの導入を考えるのは当然だと思います。大切な商品を盗む万引き被害やレジでの金銭授受トラブルなど「人の目だけでは限界」と感じている方々がほとんどです。

そこで今回は万引き被害等に悩む店舗経営者の方へ防犯カメラ運用のポイントについてご紹介します。

スポンサードサーチ

店舗の防犯カメラ設置で重視すべき5つのポイント

店舗へ防犯カメラを設置しようと考えても、どんなカメラを選べばよいのかわからないという経営者も多いと思います。ここでは重視すべきポイントに絞って5つご紹介しますので参考にしてください。

目的

まず防犯カメラをどんな目的で設置するのか?明確にすることです。そこのポイントがズレていると利用目的に適さないカメラを選んでしまいます。
あなたの店舗で防犯カメラを導入しようと思ったキッカケをもう一度ハッキリとさせましょう!

予算

どうしても防犯カメラにはある程度の費用が必要です。カメラ本体と設置費用は外せません。あなたの店舗で限られた予算内で防犯効果を発揮させなければ防犯カメラを導入する意味がありません。
費用対効果をしっかりと考えた上で予算を捻出するようにしましょう。

信頼性

映像が乱れたり、電池切れを起こしたりといったトラブルが頻発しては「いざ!」という瞬間が押さえられません。防犯カメラは信頼性を重視して選ぶようにしてください。

台数

費用対効果を最大限に活かす為には、防犯カメラを何台設置するのか?という台数も重要になってきます。当然、台数が多ければそれだけ監視の範囲は広くなります。
でも台数が増えると管理面や費用面に大きな負担を与えることにもなります。ですから最小限の台数で防犯効果を最大限に発揮するための入念な調査をしておきましょう。

機能性

ポイント1で目的を明確にしました。ではその目的に沿う防犯カメラを選ぶ必要があります。例えば、暗くなる場所に設置をする場合は、暗くても確実に映像が写せるものでなければダメです。また内部不正対策の場合は、目立つようなカメラではダメです。
このように目的に沿った機能性を備えた防犯カメラを選びます。

店舗が防犯カメラを導入した3つの実例

飲食店

飲食店の経営者さんが防犯カメラの導入に踏み切ったのは以下のような理由です。

駐車場でのトラブル防止

飲食店で問題になっているのが駐車場でのトラブルです。当て逃げやイタズラ、車上荒らしんど様々なトラブルが起こっています。
特に24時間営業のファミレスなどでは、この問題が深刻になっている店舗も多くあるのです。

食品の安全管理

最近問題になっているのが、「バイトテロ」呼ばれる問題行為です。バイトテロというのはお店で働く従業員やバイトが商品を不衛生に扱って調理をしたり、店内の商品を使い悪ふざけを行う状況をスマホで撮影してSNSに投稿することです。

書店

書店の経営者さんが防犯カメラの導入に踏み切ったのは以下のような理由です。

万引き防止

全国的にも書店では、万引き被害の問題が非常に深刻になっています。その原因は、スーパーなどとは違い商品が「本」だからという理由です。
本屋さんの状況を思い浮かべてみてください。そうです!お客さんは興味のある本を立ち読みしていますよね。読書に集中しています。だから「人の目」が甘くなるからなのです。「人の目」が甘いことで安易に万引きが成功してしまうことが原因になっているようです。

従業員の内引き対策

意外なのですが対象者がお客さんではなく、バイトや従業員などの働く仲間に対する監視目的です。内引きという言葉に聞きなれない人も多いと思いますが、内引きとはバイトや従業員が商品や金銭を盗む行為のことを言います。
書店は死角になる場所が多くありバックヤードには本の在庫がたくさんあります。その在庫などをバイトや従業員が盗む不正行為に悩む経営者の方が増えているのです。

コンビニ

コンビニは様々なトラブルに巻き込まれる危険性が高いと言えます。

万引き防止

コンビニは24時間営業がほとんどです。深夜の営業はバイトや従業員も昼間より少なくなり監視も行き届きません。だからこそコンビニで防犯カメラを設置しない店舗はないというぐらいコンビニ業界では防犯カメラの導入は当たり前になっています。
それでも万引き被害は「0」にはならないのが実情です。

お客さんとのトラブル対策

コンビニで増えているのがお客さんとのトラブルです。何かと言いがかりをつけて暴言を吐いたり、暴力を振るうクレーマーが増えています。
最近は、その対策として顔認証システムの防犯カメラを導入するコンビニが増えてきました。問題のあるお客さんが来店した際に顔認証によってブザーや光で知らせてくれるシステムです。

内引き対策

コンビニはお客さんが利用する駐車場や店舗内には防犯カメラの台数も多く死角がないほどですが、その一方裏方は防犯面が手薄になっていることが多いです。残念なことに裏をかいたバイトや従業員による内引きが頻発しているのです。

スポンサードサーチ

店舗にオススメの防犯カメラ3選

店舗にオススメの防犯カメラを3つご紹介します。

①万引き防止に有効な防犯カメラ

店舗で特に問題視されている「万引き」防止に有効な防犯カメラをご紹介します。それが「ボックス型カメラ」です。

ボックス型カメラは見せる防犯対策として活用します。悪いことを企んでいる者にはカメラの存在に気づかせることが大切です。ボックス型カメラは威嚇効果も高いので犯罪抑止力に効果を発揮しますので万引き防止にオススメです。

②内引き対策に有効な防犯カメラ

「内引き」防止に有効な防犯カメラをご紹介します。それが「ドーム型カメラ」です。

ドーム型カメラは屋内用のカメラで撮影範囲の調整をして様々な環境に合わせて設定ができるので従業員の監視に有効でコストも抑えられるのでオススメです。

③駐車場の監視に有効な防犯カメラ

駐車場の監視に有効な防犯カメラをご紹介します。それが「Wi-Fiソーラーカメラ」です。
駐車場では電源が取れない場合もあります。Wi-Fiソーラーカメラであれば電源ケーブルや映像ケーブルなどが不要で取り付けも簡単にできるのです。天候に関係なく充電ができ夜間の監視もできるので半永久的に駐車場管理ができます。

またスマホで録画ができるので大型の録画機材もいらないのでオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は万引き被害等に悩む店舗経営者の方へ防犯カメラ運用のポイントについてご紹介してきました。
店舗被害を最小限に食い止めるためには防犯カメラ運用は重要です。
ここでご紹介してきたポイントを押さえていただくことで店舗被害を減らすことができます。ぜひ、今後の防犯対策に役立ててください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。