初めての一人暮らし 母と娘の引っ越し体験記 その⑩自転車について

  1. 体験レポート

電車で一駅、そこからは学校の送迎バスで通学するつもりの娘ですが、節約のため自転車通学にするそうです。自転車について、気をつけるポイントを考えてみます。

スポンサードサーチ

自転車事故を防ぐために

自転車の正しい乗り方をマスターしましょう。
平成20年6月に道路交通法が改正され、自転車に関する罰則が厳しくなりました。どのような点に注意すればよいのでしょうか?

車道を走る

自転車は基本的に、車道通行です。歩道に自転車通行可の標識があるところや、著しく車の交通量が多いなど車道を走るのが危険と判断したときは、歩道を走行してもかまいません。
但し、歩行者に危険がないように、スピードを落として進みましょう。

左側通行

自転車は車と同じく、左側通行です。右川通行は禁止されており、罰則もあります。行きと帰りでは、面倒でも横断歩道を渡って反対側を走りましょう。
歩道を走る場合は車道のほうに寄って進みましょう。

安全ルールを守る

信号を守る。
飲酒運転や二人乗り、並走の禁止。
夜間はライトをつける。
・・・というのはあたりまえですね。それ以外にも、
スマホ・携帯電話を使いながらの運転。
傘をさして運転。
イヤホンで音楽を聴きながら運転。
・・・などは非常に危険です。絶対にやめましょう。

危険な運転で2回以上検挙されると、自転車運転者講習を受けることになります。
また、損害賠償責任保険(自転車保険)の加入を忘れずに。

自転車盗難を防ぐために

朝、出かけようとしたら、自転車が盗まれていたなんてことにならないように、しっかりと自転車泥棒対策をしましょう。

鍵をかける

玄関のドアもそうですが、自転車も鍵のかけ忘れが盗難事件を誘発します。鍵のかかっていない自転車を見つけて、ほんの出来心で乗って行ってしまうということになれば、鍵をしめていない自転車が犯罪者を作りかねません。
少しの間の駐車でも、必ず鍵をしめましょう。

二重ロックで自転車を守る

自転車にもともとついている、シリンダー錠や丸い馬蹄錠だけでなく、チェーンやU字ロックをかけましょう。ただ、ホイールにかけるだけでなく、できれば固定された柱などと自転車を繋ぐようにしてロックします。通行人の邪魔にならないように、建造物にしっかり繋ぎましょう。

自宅でも鍵を忘れない

駐輪場や外ではしっかり鍵をかける人でも、自宅のガレージや庭に停めているときには鍵なんてしないという人もいます。それこそ犯人の思うつぼ。いつでもどこでも自転車に乗っていない時には鍵をかけるようにしましょう。

スポンサードサーチ

自転車を狙ったひったっくり対策

自転車のかごに入れた荷物を、バイクに乗った犯人がすれ違いざまに盗っていくという犯罪があります。かごカバーをつけて、荷物をつかめなくするか、貴重品は身に着けるようにしましょう。ただし、財布や携帯をポケットに入れたまま自転車で走ると、ポロリと落ちてしまうことがあります。リュックやウエストポーチ、肩掛けポーチなどで貴重品の紛失と盗難を防ぎましょう。

母みちこ:あなたの場合は盗まれるより、自転車の鍵を無くして自転車に乗れないことが何度かあったよね。
母親
母親
娘
娘ちか:そんなこともあったっけ・・・。
母みちこ:鍵を無くしても大丈夫なように、暗証番号で開けるタイプの鍵にしようか?
母親
母親
娘
娘ちか:・・・暗証番号を忘れたらどうなるの?そっちのほうが不安・・・。
母みちこ:もう、あなたは自転車に乗らないで歩いて登校しなさい!
母親
母親

まとめ 〜今回のポイント〜

・安全に自転車に乗るマナーを身に着ける。
・自転車の盗難にあわないように、鍵を忘れない。
・自転車のかごに入れた荷物に注意すること。

Moly編集部

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。